« ケルヒャーの高圧洗浄機を買ってみた | トップページ | 2017-18冬の安曇野「雪を求めて乗鞍高原」 »

2017.12.24

新店「倉敷らーめん 升家@新井薬師前」を食べてきた

 12/18 月曜日。かつて「ひろまる(嵐風 ARAKAZE)」や「松壱」そして「麺屋 久仁衛」があったあの場所(うん?未食だけど担々麺の店もあったような)にオープンした「倉敷らーめん 升家(ますや)」

171224masuya01

 我が家から最も近いラーメン専門店。家内と二人、ようやくの訪問となった。

 倉敷ラーメンという初めて聞く謎のジャンル。前回の紹介記事でも書いたように「倉敷ラーメン」を名乗っているのは、倉敷にあるこの店の本店だけみたい。

171224masuya02 171224masuya03

 もうじき13時という時間に着いてみると、外に3人ほどの行列。地元の人やラヲタさんが、オープン後最初の土日ということで来ている感じかな。

171224masuya04 171224masuya05

 まずは一番上に書かれているメニューをオーダーしておいて、この店のラーメン、つけ麺の特徴が書かれているPOPを、ふーん等と眺めているうちにご提供。

171224masuya06

 「倉敷醤油ラーメン 630円」
 ご覧のとおり、とてもオーソドックスなルックスにわずかに背脂。倉敷と言えば福山を挟んで尾道のお隣りみたいなものだから、醤油ベースのスープに背脂は理解しやすい。
 ということは尾道ラーメンの系統かと思いきや、ちょっと「がんこ」的な醤油味が遠くに見える、そんなスープだ。

171224masuya07

 パッと見、低加水の中細麺かなと思ったけど、わりと食感のいい玉子麺。もう少しカタメの方が私好みではあった。

171224masuya08 171224masuya09

 かなり薄く小さめのバラ肉チャーシューが2枚と自家製だという極太メンマが2本。そして青ネギ。これらが地元倉敷の食材にこだわったというものなのだろうか。

 何をもって倉敷ラーメンなのかは謎のままではあるけれど、美味しい醤油ラーメンなのでした。

171224masuya11

 「倉敷煮干しラーメン 730円」
 家内が頼んだもの。家内にはストライクだったみたい。スープを呑ませて貰うと、ちょっと甘め。いかにも今時の煮干し系らしい煮干しだった。

 次回どちらを食べるかと言うと、たぶん煮干しの方。ただ 100円UPを考えると、ちょっと微妙ではある。

 ともあれこの場所でのラーメン店が難しいのは多くの人が知るところ。なんとか長続きしますように。

◆倉敷らーめん 升家(ますや) 新井薬師前店
 http://www.kurashiki-ramen.com/
 中野区新井5-9-8 最寄駅:新井薬師前
 11:00-14:30 17:00-23:00 水曜休

|

« ケルヒャーの高圧洗浄機を買ってみた | トップページ | 2017-18冬の安曇野「雪を求めて乗鞍高原」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/66195553

この記事へのトラックバック一覧です: 新店「倉敷らーめん 升家@新井薬師前」を食べてきた:

« ケルヒャーの高圧洗浄機を買ってみた | トップページ | 2017-18冬の安曇野「雪を求めて乗鞍高原」 »