« 2017梅雨入り前の「小田原(早川)漁港」で海鮮丼 | トップページ | 2017アクアラインを越えて「竹岡式ラーメン 梅乃家」 »

2017.06.10

「麺や 神笑(かぐら)@中野」で 鴨つけそば

 ちょうど1ヶ月前に移転リニューアルオープンした「麺や 神笑(かぐら)」。夏季限定で つけ麺を始めていると聞いたので、早速訪問。

170610kagura01

 11:30少し前に着いて見ると、あれ?準備中の札が。すると中から新婚さんの若きご主人(^o^)v その札を反転させつつ、さぁどうぞどうぞ(^^;

170610kagura02 170610kagura03

 狙いどおり「つけ麺」のメニューがテーブル上にも出ている。お奨めを聞いてみると、「鴨つけです」と言うことなので「じゃそれを」とオーダー。
 厨房内にはご主人の他、やはり若い女性スタッフが一人。先客は2人。

170610kagura04

 「鴨つけそば 950円」
 香ばしい香りとともにご提供。左下に見えているのは、柚子胡椒などの薬味。麺揚げは女性スタッフの担当のようだ。

170610kagura05 170610kagura06

 鴨肉の旨味、ねぎの甘味が溶け込んだ美味しいスープに魚介系の旨味が加わる。これ旨いわぁ。麺量からすると、ちょっと高めに感じはするものの鴨肉だし、この香ばしさと旨さなら文句はない。

 冷水できっちり〆られた 西山製麺製の細やや縮れ麺が、意外なほどこのつけ汁に合う。
 途中で薬味を加えてやると味変が楽しめる。最初から全部投入でも良さそうだ。

170610kagura07

 そして無料のライスに専用の振りかけを廻し掛け、さらに鴨肉やネギ、シイタケを移してやると、こんな感じになる。
 つけ麺の方を食べ終わったところで、レンゲでスープを2杯ほどすくい掛けて食べるとこれがまた旨いのですね。

 若き実力者のご主人が作る「つけ麺」は、この鴨つけの他、味噌と醤油の2種類。間違いなく旨いだろうから、これもまた再訪必至ですな。

◆麺や 神笑(かぐら) ・・・旧 麺屋 星雲
 中野区中野5-56-15 最寄駅:中野
 11:00-15:00 18:00-23:30
 日祝 11:00-21:00 月曜休
 2017.5.9移転リニューアルオープン


|

« 2017梅雨入り前の「小田原(早川)漁港」で海鮮丼 | トップページ | 2017アクアラインを越えて「竹岡式ラーメン 梅乃家」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/65396469

この記事へのトラックバック一覧です: 「麺や 神笑(かぐら)@中野」で 鴨つけそば:

« 2017梅雨入り前の「小田原(早川)漁港」で海鮮丼 | トップページ | 2017アクアラインを越えて「竹岡式ラーメン 梅乃家」 »