« 安曇野へ・双葉SAで腹拵え | トップページ | 2016-17冬の安曇野「白骨温泉・泡の湯」 »

2016.12.30

2016-17冬の安曇野・朝の風景

 昨夜、塩尻あたりから降り出した雪は、松本ICを降りた頃から本降り。雪がフロンドガラスに突き刺さるように降り、家内の里に着く頃にはうっすらと路面にも積もり始めていた。

161230_inaka01

 翌朝の風景。昨日の雪はその後、じきに止んだらしい。もうじき8時だというのにマイナス5度。積雪量は大したことはないが、道はガチガチに凍り付き、クルマがバキバキと音をたてながら通り過ぎて行く。

161230_inaka02 161230_inaka03

 裏道も同じ。BUSH号はと見てみると。

161230_inaka04

 中途半端に降って止んだ雪のためにボンネットは水玉のまま凍り付き、フロントガラスはやはりガチガチだ。ワイパーを跳ね上げておいて正解。

161230_inaka05

 ドアを開けようとすると簡単には開かず、力を入れて引っ張るとバリバリと音を立てて剥がれるように開いた。

161230_inaka06

 しばらくすると陽が出てきたので、クルマを陽の当たる場所へ移動。お日様の力は偉大だ。ガチガチに凍り付いた氷が見る見るうちに溶けていく。

161230_inaka08

 ついでに裏の梨畑とそこから見る景色。

161230_inaka07

 よく晴れた空。今日はどこかへ、そう乗鞍にでも行ってみることにしよう。

◇CANON PowerShot G9X 28-84mm/F2.0-4.9

|

« 安曇野へ・双葉SAで腹拵え | トップページ | 2016-17冬の安曇野「白骨温泉・泡の湯」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/64699100

この記事へのトラックバック一覧です: 2016-17冬の安曇野・朝の風景:

« 安曇野へ・双葉SAで腹拵え | トップページ | 2016-17冬の安曇野「白骨温泉・泡の湯」 »