« 2016晩夏「富士ヶ嶺 おいしいキャンプ場」富士山 | トップページ | 痛風と書いてイタカジ?(^^; »

2016.09.04

吉田のうどん「きよちゃんうどん」

 「おいしいキャンプ場」を後にして、向かったのは富士吉田。「お茶や肉店」でお土産の馬刺しを買って、目指すはこちら。

160904kiyochan01

 「きよちゃんうどん」
 いくつかのブログの評価が良かったのと、美味しいキャンプ場でお馴染みのプロゴルファーM君のお奨めということもあって決めたお店。

160904kiyochan02 160904kiyochan03

 富士吉田市内とはいえ、かなり忍野方面に寄った場所にあって、金土日の三日間 且つ お昼の時間帯しか営業していないというレアなお店だ。ご覧のとおり、プレハブ造りの至ってシンプルな外観。

160904kiyochan04 160904kiyochan05

 開店時間のわずか前に着いたのだけど、すでに店は開いていた。先客は一組だけ。
 店内は二つのテーブル席以外は全て座敷。一番奥に陣取って、まずはサービスの漬け物類をいただく。

160904kiyochan06

 こちらは、この店の「辛みそ(すりだね)」と「青唐辛子」。黒い色のすりだねは初めてだ。この店には「かけ」と「つけ」、そして「冷やし」しかメニューがない。

 やや迷った上でSP氏とともに「つけ」を食べることにした。さほど待つこともなくご提供。

160904kiyochan08

 「つけ(冷・大)550円」  
 
160904kiyochan09

 吉田のうどんらしく、極太でコシというより硬い食感のうどんがいい。つけ汁の方はというと、むしろ吉田のうどんらしくない、魚介系ダシの効いたもの。でも、とにかくこのつけ汁旨い。
 トッピングはお約束の馬肉と茹でキャベツに揚げ玉ね。これらは最初に入れてしまうのが吉みたいだ。

 途中で辛みそを投入。一気に入れてはいけない。思ったより辛目だからだ。適量を自分の好みで入れてやると、これがまたいい。最初から少な目でもいいから入れておけばよかった。

 次回は「かけ」を是非とも食べてみたい。そう思わせられる旨い「つけ」だった。

160904kiyochan07

 「かけ(小) 450円」
 こちらはY嬢が頼んだもの。初めての食感に驚いていたみたいだけど、おいしかったそうだ。そりゃそうだ。

 さてさて、ここまでで今回の富士ヶ嶺行きは終了。諸般の事情?によりUPまでにかなりの時間がかかってしまいましたが、ここまでお付き合い頂いた皆様にはありがとうございました。

 富士ヶ嶺、富士宮、富士吉田。次回また来られるのは10月下旬ころかな。

◆きよちゃんうどん
 山梨県富士吉田市小明見4140
 11:30-14:00 (売り切れ終了)
 金土日のみ営業

|

« 2016晩夏「富士ヶ嶺 おいしいキャンプ場」富士山 | トップページ | 痛風と書いてイタカジ?(^^; »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/64227753

この記事へのトラックバック一覧です: 吉田のうどん「きよちゃんうどん」:

« 2016晩夏「富士ヶ嶺 おいしいキャンプ場」富士山 | トップページ | 痛風と書いてイタカジ?(^^; »