« 2016真夏の安曇野「萬里@伊那市」でローメン | トップページ | 「さいころ@中野」で 夏季限定 冷やニボ »

2016.08.15

2016真夏の安曇野「支那そば 太郎」

 伊那から帰って、お土産を含めていくつか買いものを済ませた。明日は下界へと戻らねばならない。では、その前に安曇野でのラーメン納めをと向かったのはこちら。
 久しぶりだよねと過去ログを調べてみたら、なんと10年ぶりの訪問になる。

160815tarou01

 「支那そば 太郎@梓川」
 とっくに昼食時間帯は過ぎているのだけど、この店は通しでやってくれているのがいいところ。安曇野の南端、梓川倭という交差点近くにあって、長いこと地元の皆さんに愛されている人気店だ。

 店内には先客三人。以前は奥さん?との二人体制だったけど今日はご主人一人のみ。空いている時間のせいだろうか。ちょっと気になる。

160815tarou03

 「支那そば大盛り 850円」
 いつもは着席後じきに出されるキャベツのサラダが遅れて出て来た・・・てなことはおいといて、豚骨と鶏ガラでとったのであろう清湯の醤油スープに、中細縮れ麺。いわゆる昔ながらの中華そばというか支那そばだ。10年前と変わらぬ味、安心の味。

160815tarou04

 ヤワメに茹でられた麺も変わらず(^^; 大盛りで 200円増しにするほどの麺とは思えないけど、それも含めてこの店の味なのだろう。

160815tarou05

 相変わらずバラ肉のチャーシューが柔らかくて美味しい。これだけでも人気の店になる要因があるよねと。

 地元で長く愛されているお店。今どき流行りのラーメンではありませんが、安曇野南部にお越しで、普通に美味しい中華そばが好きという方には一度どうぞとお薦めしておきます。

 さて、これにて BUSHの「2016真夏の安曇野」はお終い。ここまでUPが随分遅くなりましたが、お付き合い頂いた皆様にはありがとうございました。

 明日はUターンの渋滞を避けるため、早朝この地を発つつもり。また下界でお会いしましょう。

◆支那そば 太郎
 松本市梓川倭555-1
 12:00-19:30 月休(祝日のとき翌日)
 年末は12/31 17:00まで 年始は?

|

« 2016真夏の安曇野「萬里@伊那市」でローメン | トップページ | 「さいころ@中野」で 夏季限定 冷やニボ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/64097690

この記事へのトラックバック一覧です: 2016真夏の安曇野「支那そば 太郎」:

« 2016真夏の安曇野「萬里@伊那市」でローメン | トップページ | 「さいころ@中野」で 夏季限定 冷やニボ »