« 「覆麺智@神保町」でスッポン出汁の冷やしまぜそば | トップページ | 「桜台らぁ麺 美志満」で 冷製らぁ麺 »

2016.07.30

「ラーメン 大木戸@梅屋敷」で 茸とハマグリの冷やしめん

 限定の事前情報を得て、およそ4ヶ月月ぶりの「ラーメン 大木戸」である。

160730ookido01 160730ookido02

 開店時間をわずかに過ぎて着いてみると先客は3人。券売機には狙い通り「限定 茸とハマグリの冷やしめん」の貼り紙が。茸(キノコ)の冷やしは「むろや」時代から、ご主人Fさんの鉄板ネタ。これにハマグリも合わせてくれるのは久しぶり。来ないわけにはいかないでしょう。

160730ookido03

 「限定 茸とハマグリの冷やしめん(大盛) 950円」
 茶濁した冷製スープに極細麺という組合せ。中央にあるのは、右下のシイタケに半ば隠れるようにハマグリ。鶏チャーシューと大きな椎茸、シメジが目を惹く。そしてサービスでつけてくれた味玉。見事なルックスですね。

 スープをひと口すすると、最初に蛤、続いてキノコの風味が口の中にドッと広がって、・・・いやぁ素晴らしい。

160730ookido04

 冷水でよく締められた極細ストレートの食感がすばらしい。これほど細いのにギュッという歯応えがある。そうしてこの旨い冷製スープをよく持ち上げて、いやはやなんとも。

160730ookido05

 ハマグリを口に含むと、そこから先は口の中がハマグリ蛤。

160730ookido06 160730ookido07

 厚めに切られた鶏チャーシューに特製の味玉。黄身の色と白身に対するその割合が違うでしょ。できれば生でご飯に掛けても食べてみたい、そんな玉子だった。

 F店主の作る「茸系」は温であれ冷であれハズレはない。夏の間にまたやってくれるといいのだが。

◆ラーメン大木戸
 大田区大森西7-7-17 最寄駅:梅屋敷
 11:15-15:00 17:00-21:00
 不定休(ほぼ無休)2014.3.16移転オープン

|

« 「覆麺智@神保町」でスッポン出汁の冷やしまぜそば | トップページ | 「桜台らぁ麺 美志満」で 冷製らぁ麺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/63989923

この記事へのトラックバック一覧です: 「ラーメン 大木戸@梅屋敷」で 茸とハマグリの冷やしめん:

« 「覆麺智@神保町」でスッポン出汁の冷やしまぜそば | トップページ | 「桜台らぁ麺 美志満」で 冷製らぁ麺 »