« 哲学堂にて | トップページ | 「麺彩房@中野」で つけそば大盛り »

2016.06.11

「いごっそう@東伏見」で 普通にラーメン

 三鷹まで出かけた帰り道。さて昼食はどこにしようと考えて、東伏見の南、青梅街道沿いにある「いごっそう」である。およそ1年ぶりの訪問になる。

160611_igossou1

 開店時間ほぼピッタリに着いてみると、幸い店脇の駐車スペースが空いていてラッキー。店に入ると先客は一人だけ。やはり移転後は空いているようだ。知名度が足りないのか、あるいは若きご主人の応対が受け入れられていないのか(^^;

 壁のメニューを見つつ「ラーメン」を注文して待つことしばし。その後入ってきた数人がみな「豚入りの大盛り」を頼むのを聞いて思い出した。麺の量も豚の量も二郎系にしては少な目なのだった。失敗したなと思いつつも、まいっかと。

160611_igossou3

 「ラーメン 650円」
 「ニンニクイレマスカ?」と問われて「ゼンマシで」と答えたのだけど、聞こえなかったのか耳に手を当て「はぁ?!」とサカイ君。もう一度「ゼンマシ」というと「ヤサイニンニクアブラカラメね!」と念を押された。そっか、コールはそれぞれ言わなきゃいけなかったんだ(^^;

 例によってコショーとトウガラシは後からかけたもの。いわゆる「ゼンマシ」でも二郎系にしてはかなり大人しめなルックス。麺も細いしね。このへんもイマイチ人気が出ない理由の一つかもしれない。大盛りで豚マシにして、ようやくラーメン二郎標準みたいな感じだから、コストパフォーマンス的にはキツイかもしれない。

160611_igossou4

 軽く乳化した、でもライト系なスープが旨い。麺もちと細いけど旨い。ブタも1枚だけど旨い。全体にちょっとボリュームが足りないのを除けば、文句なしか。

160611_igossou2

 というわけで「ご馳走様でした」と店を出た。直系二郎の休みが多い日曜日に貴重な存在の一つ。またきっと来ることでしよう。

◆らーめん いごっそう
 練馬区関町南4-25-18  最寄駅:東伏見
 11:30-14:30 18:00-21:30 月・火・祝休

|

« 哲学堂にて | トップページ | 「麺彩房@中野」で つけそば大盛り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/63778371

この記事へのトラックバック一覧です: 「いごっそう@東伏見」で 普通にラーメン:

« 哲学堂にて | トップページ | 「麺彩房@中野」で つけそば大盛り »