« 「麺屋 青雲@中野」で 味噌らーめん | トップページ | 「覆麺智@神保町」で 鮟鱇出汁の悪い奴 »

2016.06.14

新店「麺匠 黒庸介(くろようすけ)@中野」で黒鶏白湯

 中野駅北口を出ていつもの帰り道は中野ラーメンストリート。「とりパニ」を過ぎて、しばらく行くと、右手に見覚えのある名前に良く似た看板の店が。

160614_96yoske1

 新店「麺匠 黒庸介(くろようすけ)」。立地はあの「青葉 本店」の真ん前。派手な花輪や生花が飾られているわけでもなく、昨日通った時には全く気付かずにスルーしていた。6/12のオープンだそうだ。

 その名前から「麺匠 ようすけ」のセカンドブランドであることが判る。予定外だったけど、遅まきながら家内に「夕飯不要」のメールを打ち込んでおいて、食べて行くことにした。

160614_96yoske2 160614_96yoske3

 券売機が表に出ているのは「ようすけ」と同じ。その券売機の一番左上のボタンをボチッとして店内へ。L字型カウンターだけの店内もややこちらの方が広いことを除けば、ほぼ「ようすけ」と同じだ。

 空いていた席に着いて、挨拶文やこだわりなどを書いた貼り紙などを眺めつつ、待つことしばし。

160614_96yoske4

 「濃厚黒鶏白湯らーめん(醤油・マー油) 750円」

 やや間が空いて出てきたのが、こちら。てっきり「ようすけ」と同じ鶏白湯スープにマー油が多めにかけられて「黒」をイメージさせるものかと思っていたら違った。
 マー油がスープに混ぜこまれているタイプだ。そのせいで「黒白湯」と言うにはちと大げさな茶濁したスープになっている。

 このスープが旨い。ルックスやトッピングもまさに「ようすけ」風だけど、お味の方も同じ。濃厚鶏白湯スープに店独自のマー油。このマー油が強過ぎず際立ってしまっていないのがいい。

160614_96yoske5

 麺は「ようすけ」より、ちょっとだけ太目? いわゆる中細のストレート麺で加水率低目かな? このトロみの強いスープによく合っている。

 みじんに刻んだタマネギが、ともすれば強くなりがちなスープの濃さを中和してくれるのも「ようすけ流」だ。

 やわらか鶏チャーシューも穂先メンマも文句なしで、完食の全汁。

 再訪必至、ようすけファンならずとも、この界隈にご縁のある方には、一度是非どうぞとお奨めしておきます。

◇麺匠 黒庸介(くろようすけ)
 中野区中野5-57-2 最寄駅:中野駅
 営業日・時間:不明(判ったら追記しておきます)

|

« 「麺屋 青雲@中野」で 味噌らーめん | トップページ | 「覆麺智@神保町」で 鮟鱇出汁の悪い奴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/63779292

この記事へのトラックバック一覧です: 新店「麺匠 黒庸介(くろようすけ)@中野」で黒鶏白湯:

« 「麺屋 青雲@中野」で 味噌らーめん | トップページ | 「覆麺智@神保町」で 鮟鱇出汁の悪い奴 »