« 続々・アクアラインを越えて「濃溝(のうみぞ)の滝」 | トップページ | 「がんこ池袋」で 真鯛と青柳貝の100悪魔 »

2016.05.21

続々・アクアラインを越えて「竹岡式ラーメン 梅乃家」

 当初は「濃溝の滝」から近くの「亀山湖」へ廻ってみるつもりでいたのだけど、ここからなら富津竹岡までは 30-40分もあれば着きそうだ。とすると開店時間の30分前にはシャッターできる? そう思うと、もう居ても立ってもいられないから走り出した。

 房総スカイラインから上総湊へ出て、海を眺めながら富津竹岡へ。

160521umenoya1 160521umenoya2

 というわけで、およそ1ヶ月ぶりの「梅乃家@富津竹岡」である。狙い通りの時刻に着いてシャッター。行列は10人ほど。この程度なら無問題だ。

160521umenoya3 160521umenoya4

 定刻に開店。前回と同じ席について、店内や厨房の様子を眺めながら待つことしばし。毎度のことながら「梅割り」を一杯飲りたい衝動と戦いつつのお待ちだ(^^;

160521umenoya5

 「大チャーシューメン 850円+やくみ(玉葱)50円」

160521umenoya6

 もう、この見た目だけでも充分な満足感。黒く醤油色をしたスープ(ってチャーシューの煮汁を麺の茹で汁で割っただけだけど)に、外側が同じく醤油色に染まったチャーシュー。そしてここでは「やくみ」と呼ばれる山と盛られたキザミたまねぎ。

160521umenoya8

 都一(みやこいち)製麺製の乾麺が、このスープにはよく馴染みますな。一般的な生麺ではなく、この麺でなくてはならぬ。そしてこのスープでなければならぬ。そんな梅乃家式ラーメンなのですね。

160521umenoya7

 7、8枚は入っている分厚くも柔らかいチャーシュー。そうそう、これがなくてはダメなのですよ。

 完食の全汁でご馳走様。また来ますねとご挨拶して、店を後にした。

160521_biwa

 さてさて、房総半島では今が旬と言えば「枇杷」。鋸南まで下りて、お土産を買ってと。

 さてとアクアラインが混まないうちに帰ることにしましょうかね。

◆竹岡らーめん 梅乃家(うめのや)
 千葉県富津市竹岡401
 10:00-19:00頃 火曜休+月一回の不定休
 (月または水曜に休むことが多い。6月~9月は月曜も休)

|

« 続々・アクアラインを越えて「濃溝(のうみぞ)の滝」 | トップページ | 「がんこ池袋」で 真鯛と青柳貝の100悪魔 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/63674442

この記事へのトラックバック一覧です: 続々・アクアラインを越えて「竹岡式ラーメン 梅乃家」:

« 続々・アクアラインを越えて「濃溝(のうみぞ)の滝」 | トップページ | 「がんこ池袋」で 真鯛と青柳貝の100悪魔 »