« 2016GWの安曇野から下界へ | トップページ | 「国分寺 甚五郎」で武蔵野うどんと蕎麦の合い盛り »

2016.05.06

「麺彩房@中野」で (特製)和風つけめん

 昨夜遅くに安曇野から帰着した。疲れもあって遠くまで行く気にはなれない。近場でラーメンと考えて、久しぶりに行ってみたのは「麺彩房@沼袋」。私的中野の推し麺と言いながら、なんとほぼ3年半ぶりの訪問になる。

160506mensaibo2

 開店間もなくという時間、先客は一組のみ。券売機で間違えて「特製」を買ってしまった(^^;
 カウンターに座って待つことしばし。

160506mensaibo4

 「特製和風つけ麺(大盛) 1,000円」
 通常のつけ麺とどう違うのだろうと思ったら、お味は元の豚骨魚介を踏襲しつつも一ひねり。マイルドな酸辣湯(サンラータン)風の味に仕上げられている。
 さすがは麺彩房、はずれはないよね。

160506mensaibo7

 親会社である大成食品謹製の麺は太平打ちの縮れ麺。極太ストレートの麺をずっイメージしていたので、ちょっと肩すかし。つけ麺の麺を変えたみたいだ。でもこの麺自体も美味い。

 大きめのチャーシューが二枚。香ばしく炙られていて、もちろんこれも旨い。

 安心の味。高いレベルでまとめられたおいしいつけ麺だった。

 今度は中華そばの方を食べてみよう。

◆中華そば専門店 麺彩房(めんさいぼう)
 中野区新井3-6-7 最寄駅: 沼袋<新井薬師<中野
 11:00-15:00 17:30-21:00 スープ切れ終了
 月曜休(うどん店を営業してるらしい)

|

« 2016GWの安曇野から下界へ | トップページ | 「国分寺 甚五郎」で武蔵野うどんと蕎麦の合い盛り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/63591487

この記事へのトラックバック一覧です: 「麺彩房@中野」で (特製)和風つけめん:

« 2016GWの安曇野から下界へ | トップページ | 「国分寺 甚五郎」で武蔵野うどんと蕎麦の合い盛り »