« 一周年記念の「鵺(ぬえ)@中野」で 特製油そば | トップページ | アクアラインを越えて「さすけ食堂@富津浜金谷」 »

2016.04.16

自宅で本格派「富士宮やきそば」2

 先日「おいしいキャンプ場@富士ヶ嶺」へ行った際に地元のスーパーで買っておいた、富士宮やきそば。

160416fjnmyys0

 ご覧のとおり富士宮やきそばの元祖的製麺所である「マルモ食品工業」製の「蒸し麺」に判り難いかもしれないが「だし粉(主にイワシの削り節)」と「肉かす(油かす)」。他に写っていないけど「焼きそばソース」。これは市販のウスターソースでもOK。

160416fjnmyys1

 久しぶりにイワタニの「フラットツイン CB-8000F」を引っ張り出して。

 ラードをひいてキャベツ、豚肉、イカの順に炒め、蒸し麺を投入。そして多目の水。さらに焼きそばソースを適量。
 仕上げに「だし粉」と「青海苔」を振って、紅生姜を載せてやれば出来上がり。

 キャベツの量が少なかったなぁ。でも、やっぱり旨いのですよ。私のような料理下手でも美味しく作れるのが、焼きそばの良いところ。それも専用の蒸し麺やアイテムがあれば、本場富士宮のお店にも負けない本格派の出来上がり。

 ちなみに、これらの食材はマルモ食品工業のHPからでも買うことができます。送料が高いのが難点だけど、良かったらどうぞ。

◆富士宮焼きそば(のレシピ)
 http://www.umya-yakisoba.com/contents/tukuru/

|

« 一周年記念の「鵺(ぬえ)@中野」で 特製油そば | トップページ | アクアラインを越えて「さすけ食堂@富津浜金谷」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/63497471

この記事へのトラックバック一覧です: 自宅で本格派「富士宮やきそば」2:

« 一周年記念の「鵺(ぬえ)@中野」で 特製油そば | トップページ | アクアラインを越えて「さすけ食堂@富津浜金谷」 »