« 2016春の「おいしいキャンプ場@富士ヶ嶺」 | トップページ | 「覆麺智@神保町」で 伊勢えび出汁の悪い奴 »

2016.04.10

吉田のうどん「あらきうどん」で 肉うどん

 おいしいキャンプ場を後にして、まずはR139沿いの「マックスバリュ 富士河口湖店」で「富士宮やきそばの生蒸し麺」などのお買いもの。続いて向かったのはいつもどおり「吉田のうどん」。

16041002

 前にも書いたように日曜日が休みという店は意外に多いので、これまでに行ったことがない店で 且つ 河口湖ICから近いところということで、「あらきうどん(旧店名:あらきてぇ)」である。

 いわゆる吉田のうどん店とまるで趣の異なる店構え。居酒屋をやっていたご主人が心機一転、吉田のうどん店に転向したものだそうだ。

160410arakit02 160410arakit03

 店の前には大きな駐車場と、その後ろには判りにくかもしれないけれど富士山。振り返ると、富士急ハイランドの絶叫マシン群(^^;

160410arakit04 160410arakit05

 11時過ぎという時間。店に入ると先客は一組だけ。メニューと壁の貼り紙を眺めてオーダー。ここも置かれているメモ用紙に注文を書いて渡す方式ね。

160410arakit06

 「肉うどん 500円」
 まずはつゆを一口。おやっ吉田のうどんらしくないというか、味噌がかなり弱めで醤油が勝っている感じ。ちょっと市販の麺つゆにでも似た感じを受けた。もちろん悪い意味ではなく不味いわけでもない。出汁もきちんと感じられる。こんなつゆも充分ありだ。別皿で供された天かすを投入してと。

160410arakit07

 うどんは、いかにも吉田のうどんという太さと硬さ。文句有りません(^o^)v
 具は馬肉のほか、キャベツと油揚げの短冊切りにキザミねぎ。これまた標準ですね。

160410arakit08

 例によって途中で「すりだね」を投入。毎度最初から入れておけばよかったと思うのだけど、途中で入れるからその良さが判ろうというもの。

 大盛りにしなくても充分な量だった。ご馳走様。さて東京へ帰ることにしましょう。

◆あらきうどん(旧店名:あらきてぇ)
 http://www.fjsan.net/arakitee/
 山梨県富士吉田市松山1240-18
 10:30-15:00 夜 7:30-19:30(平日のみ?)
 不定休(土日祝を除く)

|

« 2016春の「おいしいキャンプ場@富士ヶ嶺」 | トップページ | 「覆麺智@神保町」で 伊勢えび出汁の悪い奴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/63478648

この記事へのトラックバック一覧です: 吉田のうどん「あらきうどん」で 肉うどん:

« 2016春の「おいしいキャンプ場@富士ヶ嶺」 | トップページ | 「覆麺智@神保町」で 伊勢えび出汁の悪い奴 »