« 「ラーメン二郎 新(々)代田」で 新代田ブラック? | トップページ | 「食堂 七彩@都立家政」で 生姜そば »

2016.02.01

「がんこ池袋」で 渡り蟹と牡蠣と鯛のアラ・スペシャル

 8ヶ月ぶりの「がんこ池袋」。おやま、いつの間にかお隣に家系の店ができてる。「壱角家」であるところを見ると、例のチカラメシ系でしょうかね。ふーん、私には関係ない(^^;

160201gankoib1http://app.cocolog-nifty.com/t/app/weblog/post?__mode=insert_image&blog_id=72147

 開店時間をわずかに過ぎた時間は店内に先客なし。券売機にはまだ昨日のスペシャルの貼り紙が残っている。しめしめ、予想どおり。念のため中の人Lさんに「まだスペシャルあるの?」と聞くと、「お、珍しいね」と言いながら「あるよ!」とのお答え。

160201gankoib2 160201gankoib3

 早速、券売機でスペシャルの食券を買って店内へ。よもやま話をするうちに後客も増え、ご提供。

160201gankoib4

 「渡り蟹と牡蠣と鯛のアラ・スペシャル 1,000円」
 さらに、刻み青唐辛子に熱々香油かけとある。なるほど、わずかに茶濁した塩ベースのスープの表面を、ジュッと音を立てた熱々香油が覆っている。

 トッピングはバラ肉のチャーシューに、いつものメンマ、海苔、きざみネギ、そして開店時サービスの味玉。さらに熱々香油がかけられた刻み青唐辛子。

 ひとくちスープをすすってみると、がんこらしいショッパ辛さの中に、たしかにカニと牡蛎の風味が感じられる。さらに魚介の旨味が加わって、さすがLさんという出来上がり。

160201gankoib5

 これに合わせる麺は断面が丸のいつもの中細麺。以前よりやや細くなったかな? このツルツルの食感がたまらないのですね。

160201gankoib6

 ブロックタイプのバラ肉チャーシューがまた旨い。さらに良く味がしみ込んだ味玉。

 やっぱりこのスープは残せない。完食の全汁でご馳走様。

 こんなに間を置かず、また食べに来なくては。来るたびにそう思わされるラーメンなのでした。

◆元祖一条流がんこ 池袋店 (新一条流がんこ)
 http://www5.hp-ez.com/hp/ikebukuroganko/page1
 豊島区東池袋1-13-12 最寄駅:池袋
 11:30-15:00 18:00-22:00 (日祝は12:00-売切れまで)

|

« 「ラーメン二郎 新(々)代田」で 新代田ブラック? | トップページ | 「食堂 七彩@都立家政」で 生姜そば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/63166405

この記事へのトラックバック一覧です: 「がんこ池袋」で 渡り蟹と牡蠣と鯛のアラ・スペシャル:

« 「ラーメン二郎 新(々)代田」で 新代田ブラック? | トップページ | 「食堂 七彩@都立家政」で 生姜そば »