« 「麺屋 青雲@中野」で GOMA風ネギらーめん | トップページ | 「ふるさと祭り東京 2016@東京ドーム」で ドンブリ三昧 »

2016.01.06

初訪問「ラーメン富士丸 神谷本店」

 直系二郎都内店を全店制覇・・・と言いながら、この店に行っていないのはどうにも気持ち悪い。三田本店からの暖簾分け店としては二代目であった「吉祥寺二郎(生郎)」に次いで三代目となる「元ばね二郎」の「ラーメン富士丸 神谷本店」である。

16010604

 立地的に赤羽のほか王子に近いこともあって「王二郎」とも呼ばれたりしていたそうだが諸般の事情により独立。二郎の名前は使わなくなったらしい。でも当時の三田本店の味というか方向性を色濃く残している店として根強い人気を誇っている。
 つまりこちらが二郎界の「三代目JSB(Jirou Soul Bro.)」なのではなかろうかと(^^;

 てなことはおいといて、この店を食さねば直系二郎都内店全制覇は名乗りにくいよね、と後輩を伴って行ってみることにした。

16010610 16010611

 メトロ南北線/志茂駅から北本通りを南下。19時少し前に着いてみると、ざっと20人待ち。一時間程度かなと列について、あとはヒタスラお待ち。

 見ていると食べ終わったお客さんが出てきても、外待ちの人は助手君から促されるまで勝手に入ってはいけないというローカルルールがあるのが判る。店内に入っても同じで、食券を買った後、店内待ちの席に座り助手君からの合図を待つ。カウンターへ(あるいは小上りへ)どうぞと言われたら、奥の給水機で水を汲み、おしぼりとレンゲ、箸を取って席に着くようになっている。

 幸いカウンターに座れたので伝説の?ご主人のオペレーションを見ることができた。丁寧な作業。1ロットは6杯のようだ。
 随分昔、C師匠からカウンターでお待ちの間にご主人と目を合わせてはいけないとアドバイスを受けたことがある。こいつイケそうだなと思われたら「盛られる」可能性があるのだとか(^^;

 カウンターに座ってからもお待ちは長かった。結局店内に入ってから、ざっと20分ほど。行列の最後尾に並んでからは 1時間と20分ほどで、ようやく助手君から「ニンニク入れますか?」
 富士丸は麺量もヤサイも多いと聞いている。ヤサイを増すかどうかずっと迷っていたのだけど反社的に「ヤサイニンニクアブラ」と答えてしまった。

16010613

 「富士丸ラーメン 850円」
 でも結果オーライ。この程度ならいける。そう踏んで、例によってコショーと一味唐辛子を廻しかける。

16010615r

 ヤサイのクタクタ度と相まって、普通の二郎よりもかなりジャンキーなルックスに。アブラは別皿で提供されるようになっている。右下にあるのがそれね。

16010617r

 おしぼりを手前下に置いてあるのはドンブリからこぼれ落ちるスープがテーブルを伝って自分の方に落ちてこないようにするためだ。ある程度食べ進むまでは、このスープの漏出は止まらない(^^;

 まずはレンゲでスープをひと口。うん、旨い。でも濃いというかショッパイ。カラメをコールしなくて正解だ。

16010620r

 そして野菜やアブラをある程度食べ進み、掻き分けてようやく麺に到達。富士丸の麺は低加水だという。二郎系でそんなことあるかぁ?と思ってたのだけど、あった(^^;
 かなり加水率は低そうだ。食べ始めた当初は、これはこれで良しと思っていたのだけども、食べ進むとこれが効いてきた。

16010622r

 こちらが富士丸のブタ。野菜の山に埋もれて分厚くてデッカイのがドンと載っている。ボリュームは満点だが、かなり硬め(^^;

 富士丸はスープにしても、ブタ・野菜にしても麺にしても、どこか突き抜けていると聞いた。たしかにそのとおりだ。

 低下水の極太平打ち麺。これは初めて食べるかもしれない。博多系の低下水極細麺は粉落としでも食べたことがあるけれど、この太さ 且つ 量はない。そしてスープの濃さと相まって、どうやら私には合わない。

 麺量自体は桜台や神保町と大して変わらないと思うのだけど、食べ始めてじきに麺を旨いと感じなくなってしまった。

 元来濃い味・強い味が大好きな私にしてはおかしい。麺の硬めだって文句はないはずだ。でも、これは合わない。途中でため息をつきながら食べるなんてことは、私の二郎生活(^^;の中にはなかったことだ。

 私の体調でも悪いのだろうか。最後は意地で麺とブタ、ヤサイは完食したが、後から投入した別皿のアブラもスープもかなり残ってしまった。

 どうしたことだろう。たくさんのファンがいる富士丸のスープ・麺。これが合わないなんて。また機会を見つけてリベンジしなくてはなるまい。

 この店は食べ終わった後にドンブリを天板に上げてはいけない。助手君が下げてくれる。
 テーブルにこぼれたスープをおしぼりで拭き取って逃げるように店を出た。「ご馳走様でした」というのがやっと。
 なんとも不思議な富士丸初体験となってしまった。

 さてさて、直系二郎全店制覇まであと4店・・・だったはずが11月に「新潟店」が出来て5店になってしまった(^^; さらに「荻窪店」もリニューアルといいつつ実質は新規オープンだ。こちらは簡単に行けるとして、他の遠隔地は気長に攻めていくことにしましょうかね。

◆ラーメン富士丸 神谷本店
 北区神谷3-29-11 最寄駅:志茂<王子神谷
 18:20-24:00 月曜休

|

« 「麺屋 青雲@中野」で GOMA風ネギらーめん | トップページ | 「ふるさと祭り東京 2016@東京ドーム」で ドンブリ三昧 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/63018029

この記事へのトラックバック一覧です: 初訪問「ラーメン富士丸 神谷本店」:

« 「麺屋 青雲@中野」で GOMA風ネギらーめん | トップページ | 「ふるさと祭り東京 2016@東京ドーム」で ドンブリ三昧 »