« 「もみじ屋@明大前」でヤサイニンニクアブラ | トップページ | 初訪問「ラーメン二郎 (新)荻窪店」は期待どおり »

2016.01.24

「鵺(ぬえ)@中野」で 限定 豚そば追い鰹

 日曜日、さて今日の一麺はどこにしようと考えて、思い出したのはこの金土日の三日間で限定メニューを提供しているというこのお店。我が家からも近いしね。

160124nd_nue01

 「NOODLE DINING 鵺 NUE」。昨年4月のオープンで、なんでも「TRYラーメン大賞 2015-2016」の鶏白湯新人部門で2位になったのだそう。「えー、それほどかぁ?!」というのが、オープン後間もなく二度ほど食べた時の素直な感想。

 今回の限定は鶏白湯でさえなく、豚とカツオだそうだけど、とにかく食べてみましょうと。

160124nd_nue02 160124nd_nue03

 11時半過ぎの店内に先客は4人。限定の豚そばを告げてメニューと酒棚を眺めているうちに「奄美黒糖焼酎」のラベルを発見。これ好きなんですよね。

160124nd_nue04

 銘柄は「里の曙」。値段を聞くと 600円だという。ちと高いなと思いつつも誘惑には勝てず「じゃそれロックでお願い」というと、グラスのふちギリギリまで注いでくれた。おおっ嬉しいではありませんか。これなら 600円は高くない。

 里の曙を少しずつ飲りながら、ご主人のオペレーションを眺める。実に丁寧だ。一杯ずつスープを雪平鍋で温めて、麺が茹で上がる直前に追い鰹。

160124nd_nue05

 「豚そば追い鰹(大盛 210g) 730円」
 醤油ベース、見事な清湯スープに仕上がっている。鶏白湯専門の店課と思い込んでいたら、さすが「麺彩房」の店長を務めただけのことはある。そうして、鰹の芳香が鼻腔をくすぐる。
 スープを一口すすると、その思いはさらに強くなり、これは旨いわぁと思わずニヤリ。豚そばとなっているけど、このスッキリしたコクは鶏も使われているのではなかろうか。まぁそんなことは、どうでもいい。旨いのだから。

160124nd_nue06

 加水率低目と思われる細ストレート麺はもちろん大成食品のもの。やや硬め、でもツルツルの食感で、麺自体が旨いのは納得ですな。

 ガストーチで炙ったチャーシューは、香ばしくも柔らかく旨い。

 うーん、いいですわねぇ、この和風ダシ。このスープは残せない。完食の全汁でご馳走様でした。

 さてまた機会があったら、本命の鶏白湯の方を改めて食べに来よう。オープン後間もなくともまた変わっているのかもしれない。

 あ、そうそう。ランチタイムは大盛無料ね。210gとあるけれど、それでもちょっと物足りない感じ。それだけが難点かな。

◆NOODLE DINING 鵺 NUE (ぬえ)
 https://www.facebook.com/ndnue/?fref=ts
 中野区中野5-36-14 最寄駅:中野
 11:30-14:30 18:00-23:30(売切終了)
 月曜休

|

« 「もみじ屋@明大前」でヤサイニンニクアブラ | トップページ | 初訪問「ラーメン二郎 (新)荻窪店」は期待どおり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/63115895

この記事へのトラックバック一覧です: 「鵺(ぬえ)@中野」で 限定 豚そば追い鰹:

« 「もみじ屋@明大前」でヤサイニンニクアブラ | トップページ | 初訪問「ラーメン二郎 (新)荻窪店」は期待どおり »