« フォレスターSJGのリヤにも黒のオーナメントを | トップページ | 「牛骨らぁ麺マタドール@北千住」で三種葱増醤油らぁ麺 »

2015.12.13

深大寺そばの「多聞(たもん)」で冷やしたぬき大盛り

 ちょうどひと月前にお初で訪問した「多聞(たもん)」。深大寺そばの老舗であり、且つ大盛りのそのボリュームでも有名なお店だ。

151213tamon1

 前回の訪問時に気になっていたのは、常連さん風の皆さんの多くが頼んでいた「冷やしたぬき」というメニュー。冷やしたぬき自体は珍しくもないが、看板メニューの「多聞そば」や「深大寺そば」を押さえての注文なのだから、何かあるにというか旨いに違いない。

151213tamon2 151213tamon3

 というわけで、開店時間のわずか前に着いて見ると、周囲の木々はかなりその葉を落としてしまっていて、もう紅葉も終わりみたいだ。

 先客は無し。カウンター席が無いので二人用の小上がりに席を取って、おばさんに注文を伝える。

151213tamon4 151213tamon5

 後客は二組4人。男性二人組の方は常連さんらしい。私のように「冷やしたぬきの大盛り」とは言わずに「大冷やしたぬき と 中冷やしたぬき を一つづつ」とコールしてた。ふーん、覚えていよう・・・って無理か(^^;

151213tamon6

 「冷やしたぬきそば(大盛り) 1,070円」
 ちょっとボリューム感が伝わりにくいだろうか。かなり大きなドンブリ状の器に大量のそばと、思いのほか多く汁が入っている。さらにまた大量の天かすがトッピングされている。

151213tamon7

 それでもこの程度のボリュームならいけるだろう。そう思いながら食べ進んでいたのだけど、途中からキツくなってきた。大量の天かすが汁を吸って結構なボリュームになっていたのだ。

151213tamon8

 それでもこの天かすが無ければ、単に味気ない冷やしそばになってしまっただろう。そばに適量の「たぬき」を絡ませながら食べ進むという死闘(^^;を続け、20分弱でなんとか完食。さすがに全汁はしませんよ。
 少量の汁と、その汁を吸った天かすだけを残して、ご馳走様。前回の「深大寺そば大盛り」より明らかにキツかったけど、まぁ良かった、なんとか食べ切れた。

 人気のメニューだけあって確かに旨いのだけど、そのボリュームとの戦いに終始してしまって味わっている余裕はなかった。味わいたければ「冷やしたぬき」の場合「中」が妥当な量だろう。

 ・・・などと言いつつ、また機会があればこの「大冷やしたぬき」をイッてみたいと思っている(^o^)v

◆多聞 (たもん)
 調布市深大寺元町2-37-2 Tel:042-485-4043
 10:00-17:00 月曜休

|

« フォレスターSJGのリヤにも黒のオーナメントを | トップページ | 「牛骨らぁ麺マタドール@北千住」で三種葱増醤油らぁ麺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/62861436

この記事へのトラックバック一覧です: 深大寺そばの「多聞(たもん)」で冷やしたぬき大盛り:

« フォレスターSJGのリヤにも黒のオーナメントを | トップページ | 「牛骨らぁ麺マタドール@北千住」で三種葱増醤油らぁ麺 »