« 2015暮れの安曇野「ゆいが@三郷」で黒狼 | トップページ | 2015暮れの安曇野「高山朝市・さるぼぼのお色直し編」 »

2015.12.30

2015暮れの安曇野「ちとせ@飛騨高山」で 焼きそばスペシャル

 安曇野から、昨年・一昨年と違って全く雪がない R158 野麦街道をひた走り、安房トンネルを抜けて飛騨高山まで2時間弱。目指すは焼きそばの名店「ちとせ」である。

151230chitose1

 ネットによると高山市民のソウルフードが、この店の焼きそばなのだそう。富士宮やきそばで目覚めて以来、焼きそばにハマり始めている私としては食べて見ねばなるまいと、高山まではるばるとやってきたわけだ(^^ゞ

 11時の開店時間少し前に着いてみると、すでに20人ほどの行列。でも店内は広い。店に入ると「お一人様、カウンター席にどうぞ」と、すぐに座ることができた。(上の画は店を出た後に撮ったもの)

151230chitose3

 ラーメン店のように入店順に注文を聞くとかいうシステムではない。上の他にラーメンや餃子もあって、沢山のメニューで迷う人も多いらしく、単に決まった人から注文するようになっている。私も座るなり注文を告げていた地元と思われるおじさんに倣って、最初から決めていたメニューをオーダー。

151230chitose4

 「いか肉玉子 焼きそば(スペシャル)大盛り 670円」
 テーブルのいか入りだけに、いかにも焼きそばというルックス(^^; トッピングの目玉焼きとイカ、肉が目を惹きますな。

151230chitose5

 まずは麺から食べてみる。やや甘めのタレというかソースが絡まった麺は、あれ?かなりヤワい。これが高山市民の好みなのだろう。美味しいのだけど、私にはちょっとした違和感。これなら私的焼きそばのソウルフードである○ちゃんの方が・・・(^^;

 天板に置いてあった一味唐辛子を廻しかけてやると、私好みに近づいた。紅生姜を一緒に頬張るのが吉かな。この紅生姜の追加は頼めたのだろうか。イカと豚肉は普通に美味しい。

 ある程度食べ進んだところで目玉焼きを崩してやると黄身がトローリ。これを焼きそばに混ぜてやると、うんいいね。

 ボリューム的にはお隣さんの普通盛りを見ても、ほぼ充分な量に思える。スペシャルの大盛りでこの値段なら文句は無い。

 焼きそばという、いわゆるB級グルメ。過度な期待はせずに。高山名物の一つだそうなので、この地を訪れる機会がありましたら、是非一度どうぞとお奨めしておきます。かく言う私も次回は家族を連れて(ついてきてくれれば)来てみたいと思います(^^ゞ

◆ちとせ
 岐阜県高山市花里町6-19 最寄駅:高山
 11:00-14:50 17:00-19:20 土日祝 11:00-19:20
 火曜休

|

« 2015暮れの安曇野「ゆいが@三郷」で黒狼 | トップページ | 2015暮れの安曇野「高山朝市・さるぼぼのお色直し編」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/62980182

この記事へのトラックバック一覧です: 2015暮れの安曇野「ちとせ@飛騨高山」で 焼きそばスペシャル:

« 2015暮れの安曇野「ゆいが@三郷」で黒狼 | トップページ | 2015暮れの安曇野「高山朝市・さるぼぼのお色直し編」 »