« なめがわ温泉 花和楽(かわら)の湯@埼玉 | トップページ | ◆天然戸田温泉 彩香(さいか)の湯@埼玉 »

2015.09.26

「がんこ総本家」で"下品な"ラーメン

 四谷付近まで娘のアッシー君を務めた後、向かったのは「四谷一条流がんこラーメン総本家」。ちょうど半年ぶりの訪問になる。

150926gankoshk1

 13時少し前に着いてみると行列は10人ほど。この程度なら待ち時間も大したことはあるまいと最後尾へ。
 お待ちは30分弱程度だったろうか。スマホでニュースなどを見ているうちに店内へ入り着席。

 家元が「おっ、来たね」と笑顔で迎えてくれた。今日も奥さんとの二人体制。家元はこの夏に体調を崩したそうで、痩せたというよりゲッソリとした印象。かつてのムキムキの肉体を取り戻せたのかどうかはパッと見では判らない。

 最近のメニュー事情はよくわからないので、前日にブログで見た「下品」なヤツをお願いすることにした。

150926gankoshk2

 「下品な(スープの)ラーメン 700円」
 待つことしばしで出てきたのがこちら。濃い醤油色に茶濁したスープがいい。そうそうこういうのを家元に期待しているのですよね。

 まずはスープをひとくち。豚骨に丸鶏、魚介。それぞれがちゃんとと伝わってきて、うん旨い。そうして何よりショッパ辛く、でも旨い。これぞ「がんこ」、そんなラーメンに仕上がっている。

 麺はいつもの細やや縮れ麺。いつもどおり硬めに茹で上げられていて、麺自体の旨さはもちろん、スープの持ち上げもいい。

 豚バラ肉のブロックを厚めにスライスしたチャーシュー。かつてのバラ肉ロールの大判チャーシューが食べられなくなったのは残念な気もするが、これだけ旨いチャーシューを食べられるなら文句はない。

 ウマイ旨いと完食。そして血圧に悪いと思いつつも、やっぱりこのスープは残せない。きっちり全汁して、ご馳走様でした。

 かつての「がんこ」を思い出させられた。この延長線上に悪魔がある、そんなラーメンだった。

◆一条流がんこラーメン総本家
 公式ブログ http://ichijoganko.blog.fc2.com/
 新宿区舟町4-1 メゾンド四谷1F 最寄駅:四谷三丁目
 10:30-14:00 土日祝 10:30-14:00頃
 (最近は昼のみ営業らしい。時間も不定 10:00スタートも多い)
 メニュー内容というかラーメンはよく変わります。詳しくは上記ブログをご参照ください。
 月曜・金曜休(祝日の場合はほぼ営業)
 2011.4.23 オープン(この場所では)

|

« なめがわ温泉 花和楽(かわら)の湯@埼玉 | トップページ | ◆天然戸田温泉 彩香(さいか)の湯@埼玉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「がんこ総本家」で"下品な"ラーメン:

« なめがわ温泉 花和楽(かわら)の湯@埼玉 | トップページ | ◆天然戸田温泉 彩香(さいか)の湯@埼玉 »