« シルバーウィークは「とり☆パニ@中野」で? | トップページ | 縄文天然温泉 志楽(しらく)の湯@川崎矢向 »

2015.09.19

「ラーメン二郎@京急川崎」でヤサイニンニクアブラ

 なんともう5年半ぶり。この店に初めて来たのはのは11年も前のこと。お気に入りの二郎の一つでもあり、かつては川崎方面に用があるたびに寄ってはいたのだけど、最近は縁が無くなってしまっていた。

150919jirokk01

 シルバーウィークの初日。スタートは二郎で(^^;と決めていたので、川崎まで遠征することにした。というわけで「ラーメン二郎@京急川崎店」である。

 我が家からは下道で一時間ほど。開店時間の5分ほど前に着いて見ると、店先の飲料自販機が変わった以外は、以前と変わらぬ佇まいのまま、そこにあってくれた。行列は10人強。であれば3ロット目、この程度なら問題ない。

150919jirokk02 150919jirokk03

 開店時間を12分ほど過ぎて列が動き始めた。券売機で食券を買ってお待ち。いつも笑顔のイケメン店主も以前と変わらぬまま。いいねぇ、この店の接客。
 開店から 1stロットが食べ終わるのに20分弱。背後霊状態の時に大きさを聞かれたので、食券を見せて「小」。さして待つほどもなく笑顔のご主人から「どうぞ」

150919jirokk04

 「小ラーメン 730円」
 今日のコールは例によって「ヤサイニンニクアブラ」。あれ?ヤサイの量ってこんなもんだったっけ? マシマシにすれば良かったか。ニンニクの量も少なめな気が・・・まぁ5年も経てば、記憶もかなり曖昧。

150919jirokk05 150919jirokk06

 テーブル上に置かれているコショーと唐辛子を廻しかけてやると、あれ?割りと大人しめな感じ。ブラックペッパーの胡椒だと、もう少し迫力が出るのだけどね。ともあれ、私の好きな「二郎」ですな。

 そうして、まずはレンゲでスープを一口。おおっ旨いっ! これぞ川崎二郎。乳化度は高い方ではないけれど、濃くてヤサイの甘みと二郎醬油の甘辛さ、更に豚骨の旨味が効いた、文句なしの直系二郎になっている。

150919jirokk07_2

 麺は一般的な直系二郎に比べると細め。中太平打ち麺といったところか。でも、茹で加減は良くてヤワ過ぎず私好み。
 ヤサイと一緒に頬張りつつ食べ進んだつもりだけど、いつもより細めの麺のせいか、気がつくと麺だけが減っていて、沢山ヤサイが残ってしまった。でもまぁそれはそれ。キチンと食べて、完食の8割汁。

150919jirokk09

 そうそう今日の豚。ヤサイと麺を何度かひっくり返すうちに、ほぐれてしまったのだろうか。掘り出した頃にはこんな感じにバラけてしまっていた。かなり柔らかかった。だからこそこうなったのだと思うけど、もう少し丁寧に天地返しをすれば良かった。ブタの食感を味わえなかったのが心残り。

 何はともあれ、やっぱり川崎二郎は旨い。最近すっかりその存在を忘れていたけど、私的推し二郎の5本の指に入れ直そう。

 また、この味を忘れてしまわないうちに来なくては。次回は小ブタのヤサイマシマシで逝ってみたいと思います。

◆ラーメン二郎 京急川崎店
 川崎市川崎区本町2-10 最寄駅:京急川崎 or JR川崎
 11:00-14:00 18:00-22:00 土 11:00-16:00 日祝休

|

« シルバーウィークは「とり☆パニ@中野」で? | トップページ | 縄文天然温泉 志楽(しらく)の湯@川崎矢向 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/62314256

この記事へのトラックバック一覧です: 「ラーメン二郎@京急川崎」でヤサイニンニクアブラ:

« シルバーウィークは「とり☆パニ@中野」で? | トップページ | 縄文天然温泉 志楽(しらく)の湯@川崎矢向 »