« 2015夏・安曇野(6)「白骨温泉 泡の湯」 | トップページ | 2015夏・安曇野(8)「ほりがねの里の向日葵」 »

2015.08.15

2015夏・安曇野(7)「乗鞍高原 一の瀬園地」

 白骨を後にして、続いて向かったのは「乗鞍高原 一の瀬園地」
 「泡の湯」からは30分弱の距離。上高地乗鞍スーパー林道の一部でワインディングというより単なる山道ね。クーラーは不要。窓を全開で快適に走り抜けて「一の瀬園地」着。

150815_1nose01

 周りは晴れているのに乗鞍岳の上にだけ雲があってイマイチ。ともあれ湿原の木道を通って「一の瀬キャンプ場」まで歩いて見ることにした。

150815_1nose03 150815_1nose04

 「オニユリ」(左)とたぶん「ノアザミ」。マクロレンズを持っていけば良かったと思ったけど、後の祭り。

150815_1nose02

 菊の仲間だと思うけど名前は不明。

150815_1nose05

 20分ほどで「乗鞍高原 一の瀬キャンプ場」に到着。GWの雨模様の中で来た時とは随分印象が違う。やっぱり青空っていい。

150815_1nose06_2 150815_1nose07_2

 常設テントが沢山張られていて、中にはスクリーンテントにテーブル・イスまでセットされているのもある。これなら駐車場から20分でもいいよねと。

 でも、夏休みの真っ只中だというのに、閑散としているのはどうしたわけだ? ちょうどお昼時だから、チェックアウトした客は多いかもしれないけど、夏のキャンプ場なりの華やいだ雰囲気がない。

 ここだけではなく、乗鞍高原全体で宿泊・観光施設の集客が落ちていて、廃業する民宿や旅館が増えてきているのだとか。実際乗鞍高原のメインストリートに観光客の姿が少ない、というかほとんどいない。
 「乗鞍岳マイカー規制」の影響が顕著だという。自然保護と古くからの地場観光産業、なんとか両立できないものだろうか、とヨソ者は思うのだけど・・・。

150815_1nose08

 ま、我々が何らかの形で利用することですよね、と思いつつ乗鞍高原を後にすることにした。

150815norikuradh01

 なんと 91km/L! こちらはその帰り道に記録した驚異の瞬間燃費(直近のエンジンオンから現在までの計算値)。上の 10.5km/Lは東京からここまでの平均燃費ね。
 ・・・まぁ単に結構な急勾配の下り坂を発進時以外ほとんどアクセルを踏むこともなく、かなりの距離を走った結果なのですが。コイツ(MFD)、三桁に対応できるのだろうかとか余計な心配をしてしまった。でも前が詰まってここまで(^^;

◇CANON EOS 5D Mk2 + CANON EF 24-75mm F2.8L USM

◆乗鞍高原
 http://norikura.gr.jp/
 乗鞍高原 一の瀬キャンプ場
 http://www.qkamura.or.jp/norikura/camp/

|

« 2015夏・安曇野(6)「白骨温泉 泡の湯」 | トップページ | 2015夏・安曇野(8)「ほりがねの里の向日葵」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/62092263

この記事へのトラックバック一覧です: 2015夏・安曇野(7)「乗鞍高原 一の瀬園地」:

« 2015夏・安曇野(6)「白骨温泉 泡の湯」 | トップページ | 2015夏・安曇野(8)「ほりがねの里の向日葵」 »