« 「濃菜麺 井の庄@練馬」で野菜と麺の大盛り | トップページ | 初「ラーメン二郎 横浜関内店」で ゼンマシ »

2015.05.30

初スモジ「ラーメン二郎 相模大野店」で ヤサイニンニクアブラ

 土曜日の今日、取り敢えずヒマだしで、これまでなかなか行けなかった通称「スモジ」の「ラーメン二郎 相模大野店」へ出かけてみることにした。
 新宿から小田急線の急行に乗って、初めての街「相模大野」で下車。駅からは徒歩7~8分といったところか。

150530sumoji01

 あまり長い行列はできないと聞いていたとおり、開店時間の20分ほど前に着いて見ると、シャッターしてるのは一人だけ。1stロット確保ね。

150530sumoji02 150530sumoji03

 この店が「スモジ」と呼ばれる所以は、ご主人が元相撲取りだったことと、相模の文字が相撲に似ていることから来ているものらしい。

 店の前には注意書きが書かれている。殆どは二郎の各店でもお馴染みのものばかりだけど、この店は特別らしい(^^; お初の私はこれをよく読んでおかなくちゃと。

 10:00ちょうどに開店。券売機でラーメンとフライドチリガーリックをボチッ。店内はご主人と助手君二人の三人体制。それぞれのオペレーションなど眺めつつ、待つことしばしで、ご主人から「二番目のかた?」
 「ヤサイニンニクアブラ」をコールして出てきたのがこちら。


150530sumoji04

 「小ラーメン 680円」
 ボリューム的にはほぼ標準といったところか。

150530sumoji05_2

 コショーと一味を掛け廻して、横から見たのがこちら。ちょっとジャンキーでグッド(^^ゞ
 こぼさぬように、なんとかヤサイをひっくり返して、まずはレンゲでスープを一口。やや乳化したスープが旨い。のだけど私的にはカラメも追加した方が良かった。テーブルの醬油を足せばとも思ったけど、そいつで何度か味を壊しているので、そのまま行くことにした。

150530sumoji06

 二郎らしい太平打ち麺もいい。ヤワ過ぎずちょうど良い感じ。これをシンナリしたヤサイと同時に頬張りつつ食べ進むのが飽きずに食べるコツ。

150530sumoji07

 チャーシューはやや小ぶりのが二枚。二郎の中でもかなり美味しい部類に入ると思うけど、薄いのと小さめなのがちと残念。

150530sumoji08 150530sumoji09

 途中で別皿で供された「フライドチリガーリック With フライドオニオン 100円」を振り掛けた状態。思ったより硬く揚げられていて、スープの中ですぐにヘタッとするかと思ったら、そうではなくガリガリのまま。さらにニンニクが強く効き過ぎる感じで、私の場合はない方が良かったかも。

 ともあれ、スモジったら思ったよりずっと旨いわぁ。そんな風に思いながら完食の7割汁。なかなかここまで来る機会はないと思うけど、できれば再訪したい店なのでした。

 ニンニクとフライドチリガーリックでかなりクサいのが自分でも判る。このまま電車に乗るとヒンシュクものだろう。コンビニでブ゜レスケアを買っていくことにした。

 さてさて、これで都内直系二郎全店制覇に続いて、神奈川県制覇まで残るは関内のみ。明日にも実現できるだろうか。

◆ラーメン二郎 相模大野店
 http://sumoji.jp/
 神奈川県相模原市南区相模大野6-14-9 最寄駅:相模大野
 10:30-14:00 17:30-21:00
 土・第2、4日曜日 11:00-15:00
 月曜休・第1、3、5日曜休

|

« 「濃菜麺 井の庄@練馬」で野菜と麺の大盛り | トップページ | 初「ラーメン二郎 横浜関内店」で ゼンマシ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/61672320

この記事へのトラックバック一覧です: 初スモジ「ラーメン二郎 相模大野店」で ヤサイニンニクアブラ:

« 「濃菜麺 井の庄@練馬」で野菜と麺の大盛り | トップページ | 初「ラーメン二郎 横浜関内店」で ゼンマシ »