« 2014目指せ世界遺産の里5「民宿 与茂四郎@相倉」 | トップページ | 2015 謹賀新年 »

2014.12.30

2014目指せ世界遺産の里6「帰路 高山朝市と平湯温泉」

 相倉合掌集落を後にして、五箇山ICから東海北陸道、中部縦貫道を走り抜け高山に着いたのは10時ちょうどくらい。

141230takayama01

 近くの市営駐車場にクルマを駐めて、目指したのは高山名物「宮川朝市」。昨年末と5月に続いて3度目の訪問になる。
 お目当ては前回と同じ「さるぼぼ」。仕事の都合で来られない長女のリクエストだ。

141230takayama02r

 そして宮川朝市で「さるぼぼ」を買うとしたら、この店飛田さんの屋台しかない。他の土産物を扱う殆どの店は工場の大量生産品なのだけど、この店だけは手作りの半纏を着ているのだ。

141230takayama03

 だから、こんなに沢山の着物の種類があるのはこの店だけ。難が「去る」ことから魔除け厄除けにも使われるという縁起物の「さるぼぼ」。どうせなら、人の手によるモノを使いたいではないか。

141230takayama04

 というわけで、娘が選んだのはこの二つ。ひとつは自分用だそうだ。すでに持っているのに、よほど気に入っているようだ。

141230takayama05

 もう一つ。お土産にと立ち寄ったのは、こちら「手作りの駄菓子 打保屋」

141230takayama06

 この「子供だまし 700円」という駄菓子の詰め合わせが名物。駄菓子と言ってしまうには惜しいお菓子ばかり入っている。田舎用と長女用に二つ買って行くことにした。

 ついでに「古い町並み」を散策して、高山での短い滞在はおしまい。さぁ帰ることにしよう。
 今度はR158を東へと向かい、丹生川を過ぎて登りにさしかかったあたりから、再び雪道。

Hirayu00

 途中の「平湯温泉 ひらゆの森」で入浴。お湯だけでなく、しばしノンビリモードに浸ることがだきた。(これらの画像は同湯のHPからのもの。カメラは持ち込めないのでね)

Hirayu03 Hirayu05

 ここの露天風呂は良かったなぁ。ちょうど雪降りだったこともあって、絶好の雪見浴となった。結構な降りだったから、頂部が薄めの人にはつらかったかもしれない(^^;

 今回のミニ旅で立ち寄った温泉は二つとも素晴らしかった。どちらも機会があれば、再訪必至だろう。

 安曇野から世界遺産の里を往復した総走行距離は約 330km。そのうちおよそ 100kmほどが雪道だったことになる。SJフォレスターはここでももちろん頼もしい相棒だった。

 そして長い旅日記もこれでおしまい。ここまでお付き合い頂いた皆様には、ありがとうございました。これでようやく年越しができそうです(^^ゞ

◇PANASONIC LUMIX DMC-LX7 24-90mm/F1.4-2.3
◆高山市 宮川朝市
 http://www.asaichi.net/

◆平湯温泉 ひらゆの森
 http://www.hirayunomori.co.jp/
 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯763-1

|

« 2014目指せ世界遺産の里5「民宿 与茂四郎@相倉」 | トップページ | 2015 謹賀新年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/60907908

この記事へのトラックバック一覧です: 2014目指せ世界遺産の里6「帰路 高山朝市と平湯温泉」:

« 2014目指せ世界遺産の里5「民宿 与茂四郎@相倉」 | トップページ | 2015 謹賀新年 »