« 「吉田のうどん 研考練(けんこうれん)」で二連食 | トップページ | 2014秋のミニ旅1「富士裾野メタセコイア編」 »

2014.11.05

初「ラーメン二郎@仙川」でニンニクアブラ

 神楽坂で軽く呑んだ後、思い切って仙川まで足を伸ばすことにした。かねてより一度行きたいと思いつつも、なかなか行けなかった「ラーメン二郎@仙川店」である。
 なにせこの店、夜の部しかやってないのと遠いのとで、私的にはやたらハードルが高かった。酔った勢いでもなければ、今回もちょっと行けなかっただろう。

141105jirou1

  新宿で京王線に乗換えて仙川駅で下車。20:30前頃に店の前に着いてみると 6人ほどの行列。良かった、この程度なら大した待ち時間ではない。先に券売機で食券を買って待つことしばしで着席。
 ご主人のオペレーションを見ていると1ロットが7杯ずつであることが判る。なんとなく作業を眺めているうちに、助手君から「ニンニク入れますか?」

141105jirou2

 「小ラーメン 700円」
 今日のコールは「ヤサイニンニクアブラ」。例によってコショーと一味唐辛子は自分でかけたものね。

141105jirou3

 横から見ると、こんな感じ。思ったほどのボリュームではないな、なんて思っていると、助手君が「ヤサイマシアリマセン」みたいなことをつぶやいている。とすると、これは「ニンニクアブラ」だったのかな?

 スープはかなり醤油色が強い、というか黒に近い色をしている。部分的に天地返しをしつつ、ヤサイと麺をかき分けて、そのスープをひと口すすってみると、思ったよりライト。ほぼ乳化のないタイプみたいだ。そしてその濃い醤油色のとおり味の方もかなり濃いめ。結構ショッパイので「カラメ」コールはしなくて正解だったみたいだ。

141105jirou4

 二郎らしい極太やや縮れ麺が、この醤油色のスープに染まって上がってくる。いいねぇと思いながらも、ちょっとヤサイが少なめだったこともあって、その濃い味に途中から飽き始めてしまった。まぁそれだけ麺の量もあるということではありますね。

141105jirou5

 かなり厚めに切られたチャーシューがドサッと二枚。これだけでもかなりのボリューム。そして当たった部位がいいのか、二郎のブタの中でも水準が高い方だろう。実際旨かったもの。

 すでに呑んだ後の二郎だ。移動時間で多少腹はこなれたとは言え、もう腹一杯。完食の6割汁で、ご馳走様でした。

 というわけで、ようやくたどりついた仙川二郎なのでした。またこちらに来る機会があったら(ってないか)また来たいと思います。

◆ラーメン二郎 仙川店
 調布市仙川町1-10-17 最寄駅:京王線仙川
 17:30-23:30 日曜休

|

« 「吉田のうどん 研考練(けんこうれん)」で二連食 | トップページ | 2014秋のミニ旅1「富士裾野メタセコイア編」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/60606815

この記事へのトラックバック一覧です: 初「ラーメン二郎@仙川」でニンニクアブラ:

« 「吉田のうどん 研考練(けんこうれん)」で二連食 | トップページ | 2014秋のミニ旅1「富士裾野メタセコイア編」 »