« 「がんこ八代目@末広町」今月29日閉店へ | トップページ | 「がんこ八代目@末広町」最後の一杯は »

2014.10.19

「ラーメン 大木戸@梅屋敷」で 梅塩つけめん

 およそひと月ぶりの「ラーメン 大木戸」である。何度か紹介しているように、元「むろや@新宿御苑」のFさんが梅屋敷で始めた店だ。

141019okido1

 情報によると「むろや」時代に好評だった「梅塩」を限定で出していたという。そ、それは行かねばならぬ。

141019okido2

 というわけで、開店時間をわずかに過ぎて着いてみると先客は無し。Fさんが笑顔で迎えてくれた。入ってすぐ右手にある券売機を見てみると、良かった、まだ「梅塩」の貼り紙がある。限定・大盛の食券を買って、待つことしばし。

141019okido3

 「限定 梅塩つけ麺(大盛) 900円」
 まずは梅肉が絡まった麺だけを食べてみる。いつもの細麺と違って太めの平打ち縮れ麺だ。Fさんによると大盛の場合だけ、この太平打ち麺を使っているのだそうだ。細麺で大盛にすると、絡まってしまって食べにくいからだと言う。

141019okido4

 相変わらずこれだけでも充分旨い。浅草開化楼製の太麺の旨さに梅肉の酸味と塩味が加わって、これこれ。これぞFさんの「梅塩」だよねと。

141019okido5

 続いて、つけ汁をひとくち。これはいつもの優しいスープがベースになって、穂先メンマやサイの目に切ったチャーシューなどが入っている。

 麺をどっとつけ汁に浸して食べてみると、うん旨い。かつての「むろや」のそれとは違って、ずっと優しい味のつけめんになっている。これはこれで非常に水準が高いつけめんだと思うのだけど、むろや時代の豚骨と鶏、そして魚介が強く効いたつけ汁の方がやっぱり合う気がする。

 などと思いつつ、完食してスープ割りも全汁。ごちゃごちゃ言っても、やっぱりウマイや。

 何はともあれ、Fさんが限定を出し始めてくれている。今後の限定にも期待したいところだ。

 あ、ちなみにこの「梅塩つけめん」は 10/24(金)までの予定だそう。食べてみたい人はお早めにどうぞ。

◆ラーメン大木戸
 大田区大森西7-7-17 最寄駅:梅屋敷
 11:15-15:00 17:00-21:00 当面無休
 2014.3.16移転オープン

|

« 「がんこ八代目@末広町」今月29日閉店へ | トップページ | 「がんこ八代目@末広町」最後の一杯は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/60513592

この記事へのトラックバック一覧です: 「ラーメン 大木戸@梅屋敷」で 梅塩つけめん:

« 「がんこ八代目@末広町」今月29日閉店へ | トップページ | 「がんこ八代目@末広町」最後の一杯は »