« 安曇野そして飛騨高山へ(4)「古い町並み@高山」編 | トップページ | 安曇野そして飛騨高山へ(番外)地方道の燃費編 »

2014.05.25

安曇野そして飛騨高山へ(5)「高山ラーメン」編

 せっかく高山まで来たのだから昼食には「飛騨牛」とか「蕎麦」の旨い店とか、いろいろありそうなもんだけど、やっぱり私の場合、家族をも巻き込んでラーメンなのですね。幸い家内にも次女にも反対はされなかったし(^^;
 ただ事前にろくすっぽ調査していなかったために、陣屋から戻る途中、慌てて検索。

140525jgr1

 「甚五郎らーめん 安川店」 そうして、とあるランキングサイトで見つけたのがこの店。駐車場から近くて、ランキングで2位だったからというのがその理由。メインストリートにドンと店を構えていて、判りやすいというのもいいところだ。でも、ここは本店ではなく支店だったみたい。

140525jgr2 140525jgr3

 店の中にはカウンター席とテーブル席。テーブルの方に座ってメニューを見るとカレーライスなんてのもある。ラーメンの方は普通盛りと大盛りとの価格差が 200円もある。えーっと思いながらも、ここは大盛りで。

140525jgr4

 「甚五郎らーめん(大盛) 850円」
 見た目は東京でもよく見る街のラーメン屋さんのラーメン。醤油ベースでごく普通だ。スープをすすって見るとこちらも、まさにごく普通。もう25年ほども前に、ここ高山の地で一度食べたことがあるのだけど、その時の印象はもっと個性的だったような・・・。もっともその頃は今みたいにラーメンの食べ歩きなぞしていなかった頃だから、あまりアテにはならない。

140525jgr5 140525jgr6

 テーブルに用意されていたニンニクをスリおろし、コショーをドバッと加えてやると、なんとか私好みに近づいてくれた。

140525jgr7 140525jgr8

 中細の縮れ麺もごくごく普通。量も価格差ほど多くはなかったし。もう少し硬めに茹でてくれれば、途中でダレてしまわずに済むのになぁと、ちと惜しい。
 チャーシューが旨かった。こんな感じのバラ肉ロールのものが3枚。これは収穫かな。

 というわけで、飛騨高山まで来ても、やっぱりラーメンなのでした。
 後は次女に運転を任せて安曇野へと戻って・・・安曇野編のラストへと続きます。

◆甚五郎らーめん 安川店
 岐阜県高山市上三之町65 最寄駅:JR高山駅
 営業時間 10:30-15:00 他不明

|

« 安曇野そして飛騨高山へ(4)「古い町並み@高山」編 | トップページ | 安曇野そして飛騨高山へ(番外)地方道の燃費編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/59761391

この記事へのトラックバック一覧です: 安曇野そして飛騨高山へ(5)「高山ラーメン」編:

« 安曇野そして飛騨高山へ(4)「古い町並み@高山」編 | トップページ | 安曇野そして飛騨高山へ(番外)地方道の燃費編 »