« 安曇野そして飛騨高山へ(1)往路編 | トップページ | 安曇野そして飛騨高山へ(3)「宮川朝市@高山で"さるぼぼ"」編 »

2014.05.24

安曇野そして飛騨高山へ(2)「樹安亭@穂高」編

 土曜日。眼が覚めるともう8時過ぎだった。いつもなら4~5時間も寝ると眼が覚めてしまうのだが、田舎に来ると眠りの深さが違う。年のせいもあって7時間近く熟睡できるのはなかなかないことだ。

 軽い朝食をとった後、次女と一緒に買い物へ。アッシー君とサイフ君を兼ねたお付き合い。こちらへ来ると必ず寄る店をいくつか廻ると、もう昼食時だ。

140524kobuta3po

 最初は例によって穂高駅前の「こぶたのさんぽ」へと向かったのだけど、なんとお昼の営業は当面休業中なのだそうだ。知らなかった。先にHPを見ておけば良かった。

140524kurumaya

 それじゃぁ蕎麦にしようと娘と意見が一致。いつもの「常念」では芸がないよねと続いて向かったのは、穂高からさらに北、山側に寄った場所にある「手打ちそば くるまや@有明」
 着いてみると、あれま混んでる。というか外まで行列が出来ている。GWでもないので油断していた。店の中にも行列がいるし、結構な時間がかかりそうだとパス。

140516chianti01

 「ピザハウス樹安亭Due(きぁんてい・でゅえ)@穂高」
 そうしてたどりついたのがこちら。一昨年の夏に来て以来だから、ほぼ二年ぶりとなる。元は青木湖畔にあったこの店がスキー場の閉鎖に伴い、安曇野の地に移転してきたのは2010年のこと。ここもまたお気に入りの店だ。(ご興味があるようでしたら、一昨年の記事や、青木湖時代の記事をご参照くださいませ)
 ずっと再訪したかったのだけど、ついラーメンや蕎麦などの後回しになってしまう。

140516chianti02 140516chianti03

 安曇野アートヒルズのそばにあって、長閑(のどか)な田園風景の中に突然、今風な建物。

140516chianti04 140516chianti05

 店の中に入ると、土曜日の12時少し過ぎという時間なのに先客はなし。おいおい大丈夫かよ、なんて思いながら、いい機会だと店内をパチリ。

140516chianti06 140516chianti07

 こちらがメニューの一部。ピザとパスタがメインであることはずっと変わらない。

140516chianti11

 「ミックスピザ 850円」
 ミックスの内容は、タマネギ、ピーマン、マッシュルーム、ベーコン。

140516chianti12

 「ラザニア 820円」
 娘が頼んだもの。青木湖時代から娘はここのラザニアがお気に入りのようだ。

140516chianti13

 「カルボナーラ 940円」
 お父さんのオーダーはこれ。

 ピザにしてもパスタにしても、この店の美味しさは二代目になっても変わらない。かつての静かな湖畔の森の中にあった、あの雰囲気はなくなってしまったけど、この味を守り続けてくれるのなら、また来なくては。

140516chianti14

 こんな安曇野の田園風景の中で美味しいピザやパスタ、グラタンなど。安曇野穂高方面に行かれる機会のある方には、是非どうぞとお奨めしておきます。

◇PANASONIC LUMIX DMC-LX7 24-90mm/F1.4-2.3

◆ピザハウス樹安亭Due(きぁんてい・でゅえ)
 http://www.ab.auone-net.jp/~jun-kao/
 長野県安曇野市穂高有明8154-1
 11:30-14:30 17:30-20:30
 水・木休(夏季は無休・冬季は臨休あり)

|

« 安曇野そして飛騨高山へ(1)往路編 | トップページ | 安曇野そして飛騨高山へ(3)「宮川朝市@高山で"さるぼぼ"」編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/59708322

この記事へのトラックバック一覧です: 安曇野そして飛騨高山へ(2)「樹安亭@穂高」編:

« 安曇野そして飛騨高山へ(1)往路編 | トップページ | 安曇野そして飛騨高山へ(3)「宮川朝市@高山で"さるぼぼ"」編 »