« 初「自家製麺 伊藤@赤羽」で中華そば | トップページ | 「ラーメン二郎@赤羽」でゼンマシ »

2014.04.19

FW1 WAXを使ってみた2

 先日「FW1WAXを使ってみた」を書いてから、およそ2ヶ月。WAXとしての耐久性的にはわずかにイマイチ感が残るのだが、そのヨゴレ落とし効果と、ピカピカ効果には目を見張るものがあった。

140419fw1wax_1

 3月末にスタッドレスからオールテレーンのタイヤに戻したものの、こちらのタイヤとホイールはノーメンテナンスのままだったので、洗車がてら磨いてみることにした。もちろん FW1WAX を使ってだ。

140419fw1wax_2

 使い方は簡単だ。シュッとジェル状の液体を吹きかけておいて、適当なクロスで塗り伸ばしつつ拭き取るだけ。
 前回同様、その汚れ落とし能力の高さと、その後の光沢の素晴らしさに、ちょっと感動した・・・のだけど、写真では判りにくいかな。

140419fw1wax_3 140419fw1wax_4

 スタッドレスに使っていたホイールは全てアルミの地金色のままだったので、そのピカピカ度が判りやすかったのだけど、このホイールのようにツヤ消し黒にメッキされている部分は、写真ではほぼ判らない。メタルの色のまんまの部分だけが輝いて見えてしまう。

140419fw1wax_5

 タイヤの方のメンテも前回同様「ブリヂストンのタイヤワックス 924円(当時)」によるものね。またボディーの方の光沢もいつものシュアラスターの「ゼロウォーター・ドロップ」によるもの。

 この FW1WAX、ボディーに使うには、ちとコストパフォーマンスが悪そうなのと、塗り・磨き混むイメージの工程を踏むので、少なくとも洗車しない状態での"黒"には使いにくい気がしている。

 というわけで、私の"黒"の愛車の場合、うたい文句どおり「水を使わず簡単洗車」できるのは、洗車キズが気にならないホイールや樹脂部分などが該当するように思う。

 そうそう、耐久性についてイマイチと書いたけど、前回の施工直後に、二度の記録的大雪と伊香保の雪道走行後の複数回に渡る強力洗車があったので、現時点ではあまり評価の対象にはならない。

 そこいら辺については、また機会があったら書いてみたいと思います。

◆FW1WAX
 http://www.fw1wax.jp/

|

« 初「自家製麺 伊藤@赤羽」で中華そば | トップページ | 「ラーメン二郎@赤羽」でゼンマシ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/59460489

この記事へのトラックバック一覧です: FW1 WAXを使ってみた2:

« 初「自家製麺 伊藤@赤羽」で中華そば | トップページ | 「ラーメン二郎@赤羽」でゼンマシ »