« 「もつ焼き 石松」と「パニパニ」で昭和新道千鳥足 | トップページ | FW1 WAXを使ってみた »

2014.02.02

2014哲学堂の梅1

 久しぶりに哲学堂を覗いてみることにした。ここのところクルマにうつつをぬかしているせいで、花や風景の方がすっかりご無沙汰になってしまっている。

140202ume1

 今年の梅は例年より少し早いみたいだ。毎年、白梅の中で真っ先に花をつける、この「冬至(とうじ)」はもうじき満開という状態。どんよりとした曇り空を恨めしげににらみながらも、取り敢えずパチリ。

140202ume2

 まずはその「冬至(とうじ)という種類の白梅。

140202ume3

 続いて紅梅の「八重寒紅」。この紅梅は遠目に見ている分にはいいのだけど、近くで見るとあまり美しくない。というか咲いて間もなく色あせてしまうようだ。

140202ume4

 そんな中から新しくてきれいなヤツを狙ってパチリ。もう少し明るいと良かったのだけどなぁ。そうこうしているうちにパラパラと雨が落ちてきた。撤収。

 昨年は全然撮らなかった「梅」。今年はもう少し撮っていきたいと思います。

◇NIKON D2X + AF Micro-Nikkor 60mm/F2.8D

|

« 「もつ焼き 石松」と「パニパニ」で昭和新道千鳥足 | トップページ | FW1 WAXを使ってみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/59054303

この記事へのトラックバック一覧です: 2014哲学堂の梅1:

« 「もつ焼き 石松」と「パニパニ」で昭和新道千鳥足 | トップページ | FW1 WAXを使ってみた »