« 「こぶたのさんぽ@穂高」で安曇野二郎 | トップページ | 9日間の旅から帰着・そして受傷 »

2014.01.04

常念岳

 昨年末から新年にかけて、ずっと雪雲を被ったままだった北アルプスが、ようやく昨日今日と晴れて、その姿を見せてくれた。

140104jyonen1

 安曇野で山といえば「常念岳(じょうねんだけ・画像右)」でしょう。というわけで、安曇野の里から撮ったこの山の姿を何枚か。

140104jyonen2

 一般に「常念岳」と言われているけれど、それは「前常念岳」と「常念岳」の総称だ。思い切り寄ってみると、その「前常念岳」から後ろに馬の背が延び、主峰「常念岳」へと続いているのが判る。ちなみにこの「常念岳」、標高は 2,857mで「日本百名山」の一つだそうだ。

140104jyonen3

 別の場所(堀金の北)から撮った「常念岳」と「横通岳(よことおしだけ)」の姿。この後ろには更に高い「穂高連峰」や、それに繋がる「槍ヶ岳」の姿があるはずなのだが、それはこれら前衛たちに阻まれて、ここ安曇野の里からは見えない。

140104hakuba1

 カメラを北に振ると、そこには真っ白に雪を被った「白馬連峰」の姿。こんなのを見ると山屋さんや山スキーヤーたちは堪らんのだろうなぁ。

 そうしてこれらの山々の姿は、安曇野のご出身で今別の場所で頑張っている皆さんには、郷愁とともに胸の中に焼き付いている風景に違いない。

 というわけで、今回の安曇野滞在の最後に、晴れの「常念」を。

◇NIKON D2X + AF-S DX 18-300mm F/3.5-5.6G ED VR

|

« 「こぶたのさんぽ@穂高」で安曇野二郎 | トップページ | 9日間の旅から帰着・そして受傷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/58935627

この記事へのトラックバック一覧です: 常念岳:

« 「こぶたのさんぽ@穂高」で安曇野二郎 | トップページ | 9日間の旅から帰着・そして受傷 »