« 目指せ世界遺産の里(5)五箇山 相倉合掌集落 | トップページ | 目指せ朝市の町 飛騨高山(1) 居酒屋編 »

2013.12.30

目指せ寒ぶりの港町 越中富山 氷見漁港

 世界遺産の里 「相倉合掌集落」に別れを告げ、次に目指したのは「氷見漁港」。せっかく冬の富山まで来たのだから、有名な寒ぶりを現地で食べてみようというものだ。

131230himi01

 五箇山 相倉からは62kmほど。東海北陸自動車道から能越自動車道と北上し、氷見漁港までは、およそ1時間の道程だ。

131230himi02

 道中は晴れていたのに氷見漁港へ着くと、あいにくの雨。取り敢えず漁港のお隣りにある有名な「氷見漁港場外市場 ひみ番屋街」へ行くことにした。

 ちなみに白川郷、そして五箇山菅沼集落・相倉集落の脇を流れる庄川は、この富山湾にそそいでいる・・・なんてことは今回初めて知った。

131230himi05

 氷見漁港に上がった寒ぶりやイカ・タコ、あんこうなどの海産物が並べられている。寒ぶりは10kgで 45,000円程度がここの相場みたいだ。
 この施設は必ずしも観光客向けというだけのものではないらしい。地元の人と思われる人達も多く来ていた。

131230himi03 131230himi04

 ちなみに寒ぶりのスシのお値段は、6カンで 1,000円、トロだと 1,500円となっていた。

131230himi06r

 「きときと亭 三喜」
 こちらが氷見漁港へ水揚げされた寒ぶりを食べさせてくれるお店。11時少し前という時間、家内も私もまだ腹が減っているという時間ではないので、「寒ぶりの刺身」ともう一つ名物の「しろエビの刺身」さえ食べられればいいやと入ったのだけど、やはりそれなりのお値段だ。

131230himi07 131230himi08

 「しろエビの刺身 800円」
 トロリとしていて、なんだかエビではないみたい。初めての食感に「ふーん」みたいな。

131230himi09

 「寒ぶりの刺身 2,100円」
 いわゆるブリの普通の部位からトロ、そして胃までが少しづつ刺身になって、出てきた。どれも美味しいのだけど、トロの部分は脂が凄い。

 もっとしっかり事前にリサーチしておけば、もう少しリーズナブルにいけたのかもしれないが、まぁこれはこれで、ここへ来た最大の目的であるところの「氷見漁港で氷見漁港に上がった寒ぶりを食べる」が実現できたのだから、良しとしよう。

 さてさて、天気も良くないし目的は達したしで、早めに次の目的地へと移動することにした。安曇野に帰るのにも一番いい中継地点として、選んだのが「飛騨高山」だ。本当は五箇山でもう一泊できたら一番良かったのだけど、予約が取れなかった。なかなかうまく行かない。

 家内と「また日帰り温泉にでも寄ろうよね」などと話しながら、元来た道を南下。・・・というわけで、飛騨高山お泊まり編へと続きます。

◆氷見漁港場外市場 ひみ番屋街
 http://himi-banya.jp/

◇PANASONIC LUMIX DMC-LX7 24-90mm/F1.4-2.3

|

« 目指せ世界遺産の里(5)五箇山 相倉合掌集落 | トップページ | 目指せ朝市の町 飛騨高山(1) 居酒屋編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/58883662

この記事へのトラックバック一覧です: 目指せ寒ぶりの港町 越中富山 氷見漁港:

« 目指せ世界遺産の里(5)五箇山 相倉合掌集落 | トップページ | 目指せ朝市の町 飛騨高山(1) 居酒屋編 »