« SJフォレスターから屋根箱を下ろして | トップページ | 目指せ世界遺産の里(1)一路、西へ »

2013.12.28

いざ、(安曇野経由で)雪国へ

 さて、もうじき信州は安曇野にある家内の里へと出発する。今回は例年の年末年始と違って9連休。そんなこともあって、信州への帰省(寄生?)だけでなく、いつもと違う雪国をも目指す予定。

131208sjg2

 荷物を積み込み・・・否、普段カーゴスペースいっぱいに載っている荷物を下ろし、旅行カバン等を積み込んで準備完了。カメラも三脚も積んだし、忘れ物はない、ハズ。ちなみに奥に積んである iglooの大型クーラーボックスは、お土産や極ZEROやらのために必要なもの。

131229jartic

 さて、あと心配なのは今回の大雪。わがSJフォレスターは万全の冬支度ができているとしても、道が通行止めになってしまってはどうにもならない。少なくとも安曇野までは大丈夫みたいだけど、今夜以降のその先は果たして・・・。さいわい、今のところチェーン規制までのようではある。

131228ftb1

 ともあれ17時過ぎに中野を出て、すいてるはずだった七環の渋滞につかまりつつ、なんとか東京を脱出。中央道双葉SAで小休止したのが19時過ぎ。

131228ftb2

 「かき揚げそば(値段忘れた)」
 取り敢えずの夕食は、こちら。特別に期待したわけではないけれど、これはこれで充分期待どおりの味。

 ちょっと遅めの腹ごしらえの後、再び中央高速本線へ。後はヒタスラ"EyeSight"の「全車速追従機能付クルーズコントロール」にお任せモード。いやはや、本当にこの機能は素晴らしい。

 家内の里に着いたのは21時過ぎ。いつもより、ちょっと時間がかかったけど無事に着いたことが何より。

 というわけで明日は朝早めに家内の里を発って北アルプスの南端を越え、雪国というか、いわゆる「特別豪雪地帯」の山里へと向かいます。すぐにでもレポートしたいところだけど、ネット接続は難しそう。そんな環境が整ったら、また続きをアップしますね。

|

« SJフォレスターから屋根箱を下ろして | トップページ | 目指せ世界遺産の里(1)一路、西へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/58834088

この記事へのトラックバック一覧です: いざ、(安曇野経由で)雪国へ:

« SJフォレスターから屋根箱を下ろして | トップページ | 目指せ世界遺産の里(1)一路、西へ »