« 2013初秋の信州へ4「妻籠宿・そば編」 | トップページ | 2013初秋の信州へ6「上伊那・赤そばの里」 »

2013.09.14

2013初秋の信州へ5「妻籠宿・町並み編」

 さて腹拵えがすんだところで、少し時間を巻き戻して中山道42番目の宿場町「妻籠宿」へのアプローチから。

130914tj01 130914tj02

 クルマを駐めたのは、この宿場町の一番北にある国道沿いの第一駐車場。ここからはわずかに歩くことになる。

130914tj03

 「妻籠宿案内図」を見ながら、街への入り口となるこんな階段を上る。

130914tj04 130914tj05

 最初に出てくるのは収穫間近の水田。そうして更にこの季節らしくコスモスが出迎えてくれた。

130914tj06 130914tj07

 坂道を登りきると、そこは別世界。先に案内した「奈良井宿」と並んで、国の「重要伝統的建造物群保存地区」の「妻籠宿」となる。

130914tj08 130914tj09

 妻籠宿の中を散策。奈良井宿と違って道が狭く、クルマの通行は禁止されている。「枡形」と呼ばれる旅籠の集まる地区は場所によっては舗装もされて(して)おらず、だからか奈良井宿よりもさらにタイムスリップ感が強い。

130914tj10

 この町並みを保存するのは確かに大変なことだろう。「国の」でないとできないことだろうし、家々の裏手にハイブリッドカーが並んでいたり、屋内では今時の家電製品が至る所で使われていたとしても、何かと不便を強いられているであろう住民の協力なしでは成立しないに違いない。

130914tj11 130914tj12

 そうして昔からの旅籠が、今でも旅籠(民宿)としてちゃんと営業してたりする。外人さんのカップルが大きな旅行カバンをゴロゴロと引きずりながら坂道を登っていったのが印象的だ。きっとどこかの旅籠に泊まるのに違いない。

130914tj14 130914tj15

 往時を偲びつつノンビリ歩き。あれま、こんなところに「赤旗」。なんだかこのアンバランスが微笑ましい。
 ざっと観て廻るのに小一時間。かつて旅人が沢山往来したであろう宿場町を堪能して「妻籠」を後にすることにした。

 さてお次は「伊那の赤そばの里編」へと続きます。

◇CANON EOS 5D + TAMRON 28-75mm F2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (A09)

|

« 2013初秋の信州へ4「妻籠宿・そば編」 | トップページ | 2013初秋の信州へ6「上伊那・赤そばの里」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/58221330

この記事へのトラックバック一覧です: 2013初秋の信州へ5「妻籠宿・町並み編」:

« 2013初秋の信州へ4「妻籠宿・そば編」 | トップページ | 2013初秋の信州へ6「上伊那・赤そばの里」 »