« 2013初秋の信州へ2「栗の町 小布施」 | トップページ | 2013初秋の信州へ4「妻籠宿・そば編」 »

2013.09.14

2013初秋の信州へ3「木曽路・奈良井宿」

 「木曾路はすべて山の中である。」 島崎藤村の「夜明け前」。この道(R19)を通るたびにこの有名な書き出しが頭の中に蘇る。と言っても、もう9年ぶりだ。

 安曇野滞在2日目。今日は田舎の両親も乗せてこの「中山道」の一部「木曽路」を行くことにした。塩尻までは農道。その後「木曽路」に入り、ひたすら南下。「妻籠宿」を訪ねてみるつもりだ。

130914ksg1

 延々と山の中を続く木曽街道を行くと、最初の大きな宿場町「奈良井宿」に着く。

130914ksg2

 国道から橋を渡り旧道へと入ると、突然江戸時代へとタイムスリップしたような町並みが現れる。中山道34番目の宿場町であり、国の重要伝統的建造物群保存地区でもある。9年前と代わらぬ佇まいで出迎えてくれた。

130914ksgsjg

 ここは街中までクルマで入れるのが特徴だ。道も広い。とはいえ観光をするのなら駐車場に停めなくてはならない。大きな杉玉の「杉の森酒造」に後ろ髪を引かれながら、記念写真をパチリとだけして早々にこの宿場町を後にした。

130914ksg4_3

 そうして、こちらは「道の駅・木曽福島」

130914ksg5 130914ksg6

 何もなかった木曽路にも、いつの間にかこんな施設が出来ていて、結構にぎわっている。地元の農作物を沢山扱っていて、なかなか安いらしい。ウッドデッキからは木曾谷を見下ろすこともできる。

130914ksg7 130914ksg8

 トイレ休憩を兼ねての小休止の後、再び木曽路へ。

130914ksg9

 この道で再び活躍したのが "EyeSight"。木曽川沿いにゆるいカーブが続く街道には必ず長距離のトラックがいて、実にユルいペースで流れている。こんなとき「全車速追従機能付クルーズコントロール」をセットしておくと、勝手に前車との距離を保って走ってくれる。イライラしないで済むのがなによりだ。
 途中から交代した初心者の娘も、このシステムのおかげでかなり楽に運転できたようだ。

 というわけで、本日の目的地「妻籠宿編」へと続きます。

◇CANON EOS 5D + TAMRON 28-75mm F2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (A09)

|

« 2013初秋の信州へ2「栗の町 小布施」 | トップページ | 2013初秋の信州へ4「妻籠宿・そば編」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/58216570

この記事へのトラックバック一覧です: 2013初秋の信州へ3「木曽路・奈良井宿」:

« 2013初秋の信州へ2「栗の町 小布施」 | トップページ | 2013初秋の信州へ4「妻籠宿・そば編」 »