« 2013夏・信州1「堀金の向日葵」 | トップページ | 2013夏・信州3「安曇野でデイキャンプ」 »

2013.08.16

2013夏・信州2「こぶたのさんぽで安曇野二郎」

 安曇野に来ると必ず寄るお店「こぶたのさんぽ」である。その名のとおり、元々は旨い豚肉料理の店なのだけど、私のお目当てはこの店で出す美味しいラーメンだ。


130816kbt1

 場所は穂高駅の真ん前。お目当てはラーメンだけではなくて、店長をはじめクォリティーの高いスタッフのおねぇさん達、なのだけれど今日もA子店長はいなかった。悲しひ。でも変わって可愛いおねぇさんが一人いてくれたので良しかな(^^;

130816kbt2 130816kbt3

 12時ちょうどの店内は、割りと空いていて家内と二人テーブル席にすんなり着席。メニューを眺めつつ迷うことしばし。でもやっぱりここは「安曇野二郎」でしょうと「ニンニク・ヤサイマシマシ」でお願いした。

130816kbt4

 「安曇野二郎 850円」
 大判のチャーシューとヤサイに占めるキャベツ比率の高さが特徴。実際モヤシとキャベツの量は結構なモノで、なかなか麺にたどり着けない。
 スープはいわゆる「二郎」のそれとは随分違ってマイルド。似てはいるけれど遠くに「二郎」の背中が見える感じ。それでも雰囲気は味わえるから安曇野では貴重な存在だ。

130816kbt5

 ヤサイを掻き分けて麺を引っ張り出す。「二郎」を名乗るのには細め 且つ 断面が丸に近い。それでもこのツルツル感はいい。もっと主張が強い麺であってもいいと思うけど、この麺自体はなかなか旨い麺だ。

 炙られたチャーシュも柔らかくて旨い。良し良しと完食の6割汁。
 全体的にもっと強い味、濃い方向に振ってもいいと思うのだけど、そうするとこの地では、あまりウケないのかもしれない。

130816kbt6

 「安曇野チャーシューメン 850円」
 こちらは家内が頼んだもの。何が安曇野かというと、わずかに載った野沢菜がそれらしさを感じさせる。

130816kbt7

 いわゆる豚骨魚介醤油に細麺。豚バラ肉のチャーシューがたっぷり。美味しかったそうだ。

 さて滞在中に、もう一回くらいは来られるだろうか。そうして「お目当て(^^;」さんはいてくれるだろうか。

◆こぶたのさんぽ
 http://kobuta3.jp/
 長野県安曇野市穂高5952-1 最寄駅:穂高
 ランチ 11:30-14:00 カフェ 14:30-17:30
 ディナー 18:00-24:00 不定休 (ほぼ無休らしい)

|

« 2013夏・信州1「堀金の向日葵」 | トップページ | 2013夏・信州3「安曇野でデイキャンプ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/58013658

この記事へのトラックバック一覧です: 2013夏・信州2「こぶたのさんぽで安曇野二郎」:

« 2013夏・信州1「堀金の向日葵」 | トップページ | 2013夏・信州3「安曇野でデイキャンプ」 »