« 2013中野チャンプルーフェスタ3・エイサー編 | トップページ | 例によって「黒潮@新宿西口店」 »

2013.07.18

初「ラーメン二郎 ひばりヶ丘駅前店」で小ブタ

 私の数少ない直系二郎経験の中では、三田本店は別格として「神保町」こそが同門の中で一番旨いと思いこんでいた。でもそれは「桜台二郎」を食べる前までの話。
 それ以前とは私の中で「二郎世界」が変わった。そうして気になっていたのは、二郎ファンの中でこの「桜台」と常に並んで評価の高い「ラーメン二郎 ひばりヶ丘駅前店」の存在だ。

130718jrh1

 というわけで遠いのは承知の上、後輩の二郎ファンと出かけてみることにした。19時少し過ぎという時間、店の前に着いてみると、いかにも学生さんという雰囲気の若者が18人ほど行列を作っている。一瞬気持ちが萎えかけたけど、店の前でこのニオイを嗅いでしまったら、もうやめられない止まらない。ざっと一時間待ちかなと思いつつも、ともかく最後尾へと並ぶことにした。

130718jrh2 130718jrh3

 あれこれ後輩と話しながら待つことに。45分ほどで入店。券売機の前で若干迷いつつも小ブタを選択。事前情報によると「桜台」や「神保町」ほど麺の量もマシの量も多くはないらしい。
 着席して待つうちに「小豚の人、ニンニクいれますか?」

130718jrh4

 「ラーメン 豚入り(小豚) 750円」
  「ヤサイニンニクアブラ」とコールして出てきたのがこれ。例によって一味唐辛子は自分でかけたものね。ヤサイの量がかなり多目に見えるが、豚が下敷きになっているからで、やはりさほど多い方ではない。ちょっとホッとした。

130718jrh5

 麺を掘り出してみると、なるほど二郎正統派の極太平打ち麺だ。そうして、ご覧のとおりスープが見事に乳化してる。これも爆乳と言っていいだろう。
 そうして、ドンブリを持ち上げてこのスープをひとくちススッてみると、う、ウ、旨いぃっ! さすが二郎ファンの多くが推すだけのことはある。乳化した甘みが二郎のカネシ特有のショッパさとよく合って、素晴らしいスープに仕上がっている。

 例によって、麺とヤサイを一緒に頬張りつつ時々スープをすする。文句なし。つくづく旨いと思う。

130718jrh6

 豚はこんな感じ。こんなのが 6つくらいヤサイの下から出てきた。嬉。あまりいい部位ではなかったようだけど、これはこれである意味次郎標準。充分だ。

 あまり量が多い方ではないとはいえ、小豚はちとツライか。最後豚だけ少し残しそうになったけど、なんとか完食。スープの方は、全部イッてしまいたいのをグッとコラえて、7割汁程度にとどめた。

 いやぁ、旨かった。さすがに「ひばりヶ丘」は遠いので、そうそう来ることはないだろうけど、いつかはまた再訪したい。そう思わせる旨さだった。

 今更ではありますが、次郎ファンで未食のかたには、是非どうぞとお奨めしておきます。

◆ラーメン二郎 ひばりヶ丘駅前店
 西東京市谷戸町3-27-24 最寄駅:ひばりヶ丘
 11:30-14:30 17:45-20:45
 土曜 10:30-16:00 日曜休・祝日は不定休

|

« 2013中野チャンプルーフェスタ3・エイサー編 | トップページ | 例によって「黒潮@新宿西口店」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/57872027

この記事へのトラックバック一覧です: 初「ラーメン二郎 ひばりヶ丘駅前店」で小ブタ:

« 2013中野チャンプルーフェスタ3・エイサー編 | トップページ | 例によって「黒潮@新宿西口店」 »