« 「ふるさと祭り東京 2013-4」どんぶり編2 | トップページ | 「さいころ@中野」いつもの背脂煮干しラーメン »

2013.01.14

「ふるさと祭り東京 2013-5」どんぶり編3

 明治屋さんの「ソースかつ丼」を満喫したあと、向かったのはこちらのブース。「銀サバのづけ丼」。青森は八戸の名物らしい。

2012furusato23

 何はともあれ、その名前には惹かれてしまいますな。好物のサバに「銀」の字がついて、さらに「づけ」の丼と来ては堪りません。

2012furusato24

 「青森俵屋 八戸銀サバづけ丼」
 たしかに銀サバのづけは旨いのだけど、小さめの切り身がたった3~4切れしか載ってなくて、ご飯もミニ丼だとしても少ない。味的には良くても量的納得感が得られない丼だった。

2012furusato25

 これが本日二杯目だからして、これでやめるつもりでいたのだけど、お腹も気持ちも納得できない。

 というわけで、やってきたのはこちら、「絶品・逸品 ちょいのせ市場」
 最初にご飯だけを買って、次に好きなおかずを「市場」内のさまざまなブースで少しづつ買い増して(載せてもらって)食べるというもの。釧路は和商市場などでやっている「勝手丼」をパクッた催しになっている。

 ご飯自体はササニシキ、ひとめぼれ、つや姫の三種類から選ぶことができて、どれも 200円。これにあれやこれや載せると・・・。

2012furusato26

 「ちょいのせ丼」
 正確な金額は忘れてしまったけど、あっというまに 1,000円を越えてしまった。それぞれ旨かったけど「うーむ」な感じ(^^;
 確か、近江牛の薄~いサーロインステーキの一切れが450円だったかな。ウニとイクラが 200円。一番旨かったのは明太子で、この小さな一塊りがやっぱり 200円。そりゃすぐに 1,000円を越えるよね。

 まぁ、これはこれで楽しいひと時だったので良しとして、今日の「ふるさと祭り」はここまで。
 数日おいて最終回へと続きますぅ。

◆ふるさと祭り東京
 http://www.tokyo-dome.co.jp/furusato/

|

« 「ふるさと祭り東京 2013-4」どんぶり編2 | トップページ | 「さいころ@中野」いつもの背脂煮干しラーメン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/56621613

この記事へのトラックバック一覧です: 「ふるさと祭り東京 2013-5」どんぶり編3:

« 「ふるさと祭り東京 2013-4」どんぶり編2 | トップページ | 「さいころ@中野」いつもの背脂煮干しラーメン »