« あの「喜紳」が中野(江古田)に戻ってきた! | トップページ | 「がんこ八代目直系 町屋店」で醤油ラーメン »

2012.12.18

「がんこ総本家」で がんこ100ラーメン

 ここのところずっとご無沙汰の「四谷一条流がんこラーメン総本家」。なかなか行けなくても何となくチェックしている家元のブログによると、最近の家元は「がんこ100ラーメン」なるものがブームらしい。
 家元のことだから、飽きて あるいは 何かひらめいて、気が変わってしまう前に食べておかなくてはなるまい。

121218gnk1

 というわけで15時過ぎに着いてみると先客は二人。例によって奥さんとの二人体制だ。店に入ると家元が「おっ、ようよく食べに来たね」と笑顔で迎えてくれた。カラオケ大会の方にも来なさいよと言われるのだけど、土日の夜はなかなか難しい。ともあれ、家元的ブームの「100ラーメン」をお願いした。ってメニューはこれだけなんだけどね。あれこれ話すうちに、というか殆ど一方的に家元がしゃべってるうちに、ご提供。

121218gnk2

 「がんこ100ラーメン 800円」
 やや茶濁したスープにいつもの細縮れ麺。トッピングには見た目悪魔肉風のバラ肉とメンマ、キザミねぎ、揚げ餅、海苔。
 名前の由来はカエシ(タレ)を一切使わない、世間でよく言うゼロスープではなく、ダシだけ 100%のスープだからだそうだ。

 まずはそのスープをひと口。なるほど家元らしいダシだと思った。豚骨と鶏に魚介がそれぞれ強く混ざりあったところへ甲殻類、それも蟹の風味がする。家元に「たしかに"らしくない"優しいスープだね」というと、「そうだろ、これまでのがんこと正反対で、かなり上品になってしまった」んだとか(^^;

121218gnk3

 いつもの細縮れ麺が、このダシだけのスープを沢山持ち上げてくれる。優しい悪魔風のチャーシューが旨い。揚げ餅はしっかりスープに浸しておいた方がいいな。

 途中でテーブルに置かれたタレ(カエシ)を少しづつ足してみると、徐々に味が変化する。でもこのスープに合わせるには、ちょっと違う感じ。塩ダレの方が私好みかなと。

 家元的ブームのこのダシだけのラーメン。いつまで続くだろう。う、旨いっ!というほどではないし、ちょっと微妙な感じ。それでもまぁ、10年ほども前にブームだった「気鍋ラーメン」に比べれば、はるかにましな気がする(^^;

 というわけで、食べてみたい人は家元の気が変わらないうちにどうぞ。

◆一条流がんこラーメン総本家
 公式ブログ http://ichijoganko.blog.fc2.com/
 新宿区舟町4-1 メゾンド四谷1F 最寄駅:四谷三丁目
 11:30-21:00 土日祝 12:00-17:00頃(不定)
 メニュー内容というかラーメンはよく変わります。
 平日及び土曜は、要するに家元が旨いと思ったラーメン
 日曜はスペシャルメニュー(通常は悪魔)の日
 月曜:休(休祝日の場合は翌日休)昼間のみ営業もあり
 2011.4.23 オープン

|

« あの「喜紳」が中野(江古田)に戻ってきた! | トップページ | 「がんこ八代目直系 町屋店」で醤油ラーメン »

コメント

麺は家元が賄いで食べている麺「右フック」が美味しいですよ♪

別件ですが、中野青雲の営業時間直してください(泣)
16時に行ったら中休みでした…

投稿: たけ | 2012.12.26 23:50

 ども、たけ さん。

 右フックですか、今度聞いてみようかな。

 ところで、青雲。すいません、中休みありになってましたか。知りませんでした。

 ブログの方は取り敢えず、営業時間不明の中休みありらしいに変更しておきましたが、今度確認しておきます。

投稿: BUSH | 2012.12.29 08:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「がんこ総本家」で がんこ100ラーメン:

« あの「喜紳」が中野(江古田)に戻ってきた! | トップページ | 「がんこ八代目直系 町屋店」で醤油ラーメン »