« 「ラーメン凪 煮干王@西新宿」でラーメン | トップページ | 久しぶりの「若月@新宿」でイッパイ »

2012.10.08

絶品!「がんこ池袋」で上海蟹の塩悪魔

 昨日開店時間を間違えて四谷三丁目にフライング。結果的に家元に挨拶しただけに終わってしまったので、そっちにも惹かれるものがあるのだけど、今日は池袋。上海蟹の悪魔、それも塩だというから、はずせない。

121008gki1 121008gki2

 というわけで友人Sとともに、ほぼ一ヶ月ぶりの「元祖一条流がんこ 池袋店」である。定刻少し前に着いてみると、久しぶりのお顔がいくつか。ご主人一人の作業は大変そうだ。そのせいか定刻を10分ほど遅れて開店。
 店内には甲殻類の芳香が漂っている。

121008gki3 121008gki4

 こちらがそのスープ。ドンブリにスープを注ぐと、より一層カニの芳香が強くなった。高まる期待値。

121008gki5

 「上海蟹の塩悪魔ラーメン 1,300円」
 いかがでしょう、このルックス。左上には上海蟹が一杯、丸々載っていて豪勢じゃありませんか。見るからに旨そうだし。まずはスープをひとすすり。上海蟹の甘く強い風味がガツン。いやぁ、これは素晴らしい。塩悪魔なのにそのショッパさを消すほどのカニの甘み。これぞ上海蟹、というスープに仕上がっている。

 これまでにもルイスさんや家元が作る「上海蟹」を何度となく食べているけど、今日のがベストかもしれない。それほど素晴らしい出来だと思った。

121008gki6 121008gki7

 赤く色が変わってなければ、今にも動き出しそうなカニさんが、こちらを窺っている。右は断面がマルのいつものツルツル麺。この麺は大好きだし、もちろんこの素晴らしいスープをよく持ち上げる。

121008gki8

 上海蟹といえばミソでしょう。というかミソしか事実上食べるところはないみたい。ミソを徹底的に掻き出して、おおよそ食べ終わったところで、カラに゜なった甲羅をレンゲ代わりにスープをすすると・・・いやぁ、極楽極楽。これまた文句なし。もっとスープを残しておけば良かったと、後悔した。

 トッピングは他にチャーシューにメンマ、キザミねぎ、海苔。

 上海蟹の甘さと悪魔ダシ。甘露とはこのことか、結局タレを増量して貰ったのだけど、まだ上海蟹の甘さが勝っている印象だった。

 いやはや堪りません。本当に食べ終わってしまうのが惜しい。そう思わせる「がんこ池袋」の「絶品!上海蟹」なのでした。なんとか今シーズン中にもう一度食べたいものだ。今度、そうお願いしてみよう。

◆元祖一条流がんこ 池袋店 (新一条流がんこ)
 http://www5.hp-ez.com/hp/ikebukuroganko/page1
 豊島区東池袋1-13-12 最寄駅:池袋
 11:30-15:00 18:00-22:00(中休みはナシかも)

|

« 「ラーメン凪 煮干王@西新宿」でラーメン | トップページ | 久しぶりの「若月@新宿」でイッパイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/55849767

この記事へのトラックバック一覧です: 絶品!「がんこ池袋」で上海蟹の塩悪魔:

« 「ラーメン凪 煮干王@西新宿」でラーメン | トップページ | 久しぶりの「若月@新宿」でイッパイ »