« 久しぶりの「用心棒@神保町」でゼンマシ | トップページ | 「がんこ総本家」で ホホーッ魔女 再び »

2012.09.25

「もつやき 石松@中野」ホッピーで一杯

 諸般の事情から、もつ焼きは月に一度と決めているのだけど、どうにも誘惑が多い。例によって「パニパニ」で一杯やって千鳥足さながらにハス向かいへ一歩二歩三歩。「もつ焼き 石松」である。

120925ism1

 新たに入れたキンミヤを開けて、今日は久しぶりにホッピーで割ることにした。ホッピーだと私の飲み方の場合、1本で大体4杯分程度取れる。先にパニパニで一杯やっていることも含め、そのへんで腰を上げるのがちょっうど酔い頃合いでもあるのだ。随分と大人しい飲み方になったもんだと我ながらに思う。一昔前では考えられない。

120925ism2

 てなことはおいといて、例によって最初はレバーから。奥が最初に出てきた「ちょい焼き」で手前が「よく焼き」。この店が律儀に「レバサシ」を出さなくなって久しい。例の食中毒騒ぎがある前からのことだ。それ以前にも何度か「禁レバサシ」をしたことがあったが、お客さんからの強くシツコイ要望の前になし崩し的に再開してきたのだけど、今回はどうやら本物だ。最後にこの店のレバサシを食べたのはたぶん一年半ほども前のことだ。

120925ism3 120925ism4

 もちろんレバサシがなくてもこの店のもつ焼きはどれも旨い。客が注文してからモツを切り串を打つ。ご存じのとおり切り分けて空気に触れた途端、味が落ち始めるのだそうだ。鮮度の差がものを言うのだとか。元々そのモツの主(モツ主)はその日の朝まで存命だったのだから、これ以上のものはないだろう。

 上の画の他にシロやナンコツも食べた。すいていたせいか今日は酔いペース。珍しく次々と出てくる7本ものもつ焼きを食べた。ホッピー割りはちょうど4杯。それでもお勘定は 1000円+α。安くて旨い、そんな当たり前だけどなかなか無い美味しいもつ焼き屋さんが、ここにはあるのです。

 しかし家まであと5分ほどという帰り道にあるのは、いいのか悪いのか・・・。

◆もつやき 石松(いしまつ) 旧「もつ焼き春」
 中野区中野5-50-8  最寄駅:中野
 本来の営業時間 19:00~未明または早朝まで。木曜休
 日祝は休み多し。営業時間もあまりアテにはなりません。

|

« 久しぶりの「用心棒@神保町」でゼンマシ | トップページ | 「がんこ総本家」で ホホーッ魔女 再び »

コメント

石松、解禁されたんですね。

投稿: キーサン | 2012.10.03 13:21

 ども、キーサン(さん)。

 いえいえ、「解禁」ではないですよ。そんな風にとれる書き方をしてしまってたらごめんなさい。

 最初の画像はレバーの「ちょい焼き」と「よく焼き」です。刺しは出しません。

 「串焼き」を食べに是非どうぞ。

投稿: BUSH | 2012.10.05 21:38

「刺し解禁」のことではなくて、
BUSHさんの「モツ解禁」の件でした。
判りづらくて失礼いたしました。

投稿: キーサン | 2012.10.06 17:56

 ども、キーサン(さん)。

 そうでしたかね早とちりでした。私の方は一応、月イチ程度はいいかなと・・・時々月ニくらいの時もありますが(^^ゞ

投稿: BUSH | 2012.10.07 08:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/55779064

この記事へのトラックバック一覧です: 「もつやき 石松@中野」ホッピーで一杯:

« 久しぶりの「用心棒@神保町」でゼンマシ | トップページ | 「がんこ総本家」で ホホーッ魔女 再び »