« 「がんこ八代目@末広町」コッテリ(醤油)濃いめ | トップページ | 「むろや@新宿御苑」の冷やし酸辣つけめん »

2012.08.08

「覆麺 智@神保町」で覆麺(正油)

 12時少し前という時間。駿河台下から向かうは神保町。トロミのある豚骨魚介系というのに食傷気味の私は、ここのところ醤油の清湯がお気に入り。というわけで「覆麺 智」である。

120808fkm1_2

 着いてみると、おやま暖簾が変わっている。前のものに比べて、同じ手作り感満載でも、少しはらしくなった感じ。店内に先客は4人。

Fkm_noren1_2 Fkm_noren2

 ちなみに以前の暖簾はこんな感じ。左が初代の暖簾で、右が2010年5月頃から最近まで使っていたもの。いずれも家元の自筆によるものだろう。

 水曜日の今日はテフォの醤油ラーメンの日。ちなみに火曜日が「塩」で、木曜日は「甘えび」、土曜日は「魚」。となっている。

120808fkm2

 「覆麺(正油) 780円」
 高段者特権のサービスは味玉とネギをお願いした。いかがでしょう、この黒々としたスープは。いかにも「がんこ系」の醤油らしいよね。
 最初に醤油、続いてやんわりと魚介の風味が押し寄せる。店主のOさん、いつもながらさすがという出来映え。

120808fkm3

 いつもの極細ストレート麺がこの醤油がたった旨いスープをよく持ち上げる。この店の麺は他のがんこ系と同じ「サッポロめんフーズ」の極細麺でも、やや加水率低めみたい。こんな食感もいい。

 例によってチャーシューを沈めておいて、溶けかかったところを麺と一緒に頬張る。ウマイねぇ。

 同じがんこ系の醤油であっても、店によってそれぞれ味も見た目も違う。でもどれもショッパ旨いのが、やっぱり「がんこ」。
 未食の方には一度是非どうぞとお薦めしておきます。

◆覆麺 智(とも)
 千代田区神田神保町2-2 のあたり 最寄駅:神保町
 11:00-21:00(火のみ20:00)土日祝は 18:00頃まで
 火曜:塩 木曜:甘えび 土曜:魚(のアラ)
 売切れ終了あり 不定休(ほぼ無休)

|

« 「がんこ八代目@末広町」コッテリ(醤油)濃いめ | トップページ | 「むろや@新宿御苑」の冷やし酸辣つけめん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/55397356

この記事へのトラックバック一覧です: 「覆麺 智@神保町」で覆麺(正油):

« 「がんこ八代目@末広町」コッテリ(醤油)濃いめ | トップページ | 「むろや@新宿御苑」の冷やし酸辣つけめん »