« 「さいころ@中野」で 冷やニボ | トップページ | 「むろや@新宿御苑」限定 冷し煮干し麺 »

2012.07.15

2012中野チャンプルーフェスタ 5 薬師編

 「さいころ」で腹ごしらえをして一旦自宅へ待避。今日もまた暑いよねぇ。しばらくして新井薬師の境内へ。こちらでエイサーの演舞が行われるからだ。

120715cf21

 先ほども紹介した「南風童(ふぇーわらばー)」の演舞があった後、本場沖縄から来て貰った「沖縄市 安慶田(あげた)青年会」のエイサー演舞が始まった。チャンフェスも8年目にして、ようやく本場からエイサーを招聘することができたようだ。今回のエイサー演舞の目玉でもある。

120715cf22

 本場沖縄市の、それもメジャー級だという「安慶田青年会」のエイサーは、あの変則的な形の会場でもきれいに揃っていたし、迫力もあった。さすがは本場と思わせられる演舞だった。

120715cf23

 何より違って見えたのは、その緊張感だろう。元々彼らのエイサーにはそれが当たり前なのか、それとも「内地」へ来ている、そしてナイチャーに見られるという思いがいい緊張感を生んでいるのか。いずれにせよ、見ていた私にも伝わって来た。すぐそばで見ていた警察関係の部長さん(^^;も同じように感じたそうだ。
 (安慶田青年会の演舞の模様はこちらなどで見ることができます)

120715cf31

 そうして、こちらは「中野エイサー連合」として演舞を見せてくれた、お馴染み「東京中野真南風(まはい)エイサー」「中野 新風(あらかじ)エイサー」

120715cf32 120715cf33

 この暑い中、「真南風(まはい)」の面々も精一杯の演舞を見せてくれたように思う。
 ホームグラウンドの中野、更に新井薬師という慣れた場所。そのせいか、そこには本場の彼らから感じた緊張感が少なかったように思えた。とりわけ手踊り以外に。もちろんシロートなりの感想だ。

120715cf41

 大学生で構成されるがために、毎年メンバーが入れ替わる「新風(あらかじ)」。年間を通じて、あるいは毎年その質を維持し続けるのは難しいことだろう。でもそうであるがゆえに、先輩は常に後輩から見られ、手本にされている。その分だけ、こちらの演舞の方が「伝わって」来たように思った。

120715cf42 120715cf43

 ここから始まるエイサーのシーズン。「真南風」も「新風」もあちらこちらの祭りやイベントに出演する。どこであれ、いつもアウェーの気持ちを持って臨み、演じ続けてくれたらと思う。

 てなことはおいといて・・・、この中野チャンプルーフェスタという祭りは終演へと向かい、サンプラザ前で観客を巻き込んだ大カチャーシーで幕を閉じた。

 役員・スタッフ、そして関係者の皆さん、本当にご苦労様でした。
 北口再開発の影響で来年の開催が危ぶまれているとか。8回目を迎え、根付いたと感じるようになったこの「祭り」、なんとか続けていけるといいのだが。

◇2012中野チャンプルーフェスタ
 http://nakano-chan-fes.web2.jp/

|

« 「さいころ@中野」で 冷やニボ | トップページ | 「むろや@新宿御苑」限定 冷し煮干し麺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/55250553

この記事へのトラックバック一覧です: 2012中野チャンプルーフェスタ 5 薬師編:

« 「さいころ@中野」で 冷やニボ | トップページ | 「むろや@新宿御苑」限定 冷し煮干し麺 »