« 「信越麺戦記@松本」で潤総本店 | トップページ | 南信州阿智村 花桃の里 »

2012.05.05

「信越麺戦記@松本」で吟屋 極味噌ほか

 さて、二麺目はどこにしよう。今回の催しはサブタイトルに「首都圏攻防の章」とあるように東京の店ばかりが目に付く。気持ち的には「七彩」に行きたいところだけど、それじゃ芸がない。

120505ms11

 というわけで、選んだのは長野県から唯一参戦しているこの店「信州極味噌らぅめん 吟屋」である。信州松本とはいえ、それなりの気温の中、何も普段あまり食べない味噌を選択しなくてもと思ったのだけど、地元信州オリジナル店はここだけなのだから仕方ない。

120505ms12

 「極味噌らぅめん(肉そば) 700円」
 豚バラ肉がどんと載って、いかにもソソられる外観。焦がしネギと肉味噌?が香ばしい。熱々のスープにこの肉味噌を溶かすとピリ辛に。

120505ms13

 麺は中細縮れ麺。この熱々のスープに合わせるのなら、もう少ししっかりした食感が欲しいところだけど、それもまぁこの手の催しでは無理もないところか。

120505ms21

 「麺や七彩 喜多方ラーメン醤油味 700円」
 こちらは PROTOさんが食べたもの。お馴染みのルックスではある。うーん、旨そうだなぁ(^^ゞ

120505ms31 120505ms32

 「松風らーめん 700円」
 娘が食べたラーメン。神田小川町の「きび」が秋葉原に出したセカンドブランド「秋葉らーめん松風」のラーメンだ。なるほど「きび」がベジポタを創るとこうなる・・・のかな?(^^;

120505ms51

 「地野菜のコラーゲンタンメン 700円」
 こちらはこの催しの仕掛け人塚田氏プロデュースのラーメンで家内が並んで持ってきたもの。少し食べさせて貰ったけど、新鮮な地野菜の甘みが溶け込んだ、とても美味しいタンメンだった。今回食べた中では、これが一番だったかな。
 塚田さん、これ商品化して東京の店でも出しましょうよ(^o^)v

 取り敢えず今回は2麺。今回の信州訪問の目的が一つ達成できて満腹の満足。

 さぁ、麺はこのへんにしておいて、お次の目的地へと続きます。

◆信越麺戦記Part4 首都圏攻防の章
 http://mensenki.naganoblog.jp/

|

« 「信越麺戦記@松本」で潤総本店 | トップページ | 南信州阿智村 花桃の里 »

コメント

ども、お付き合いありがとうございました

地野菜のコラーゲンタンメン
この手のイベント用のものってだいたいいまいちなのですが、これは確かに旨かった
ちょっとだけの味見だったので、一杯全部食べてみたいと思ったのでした

投稿: PROTO | 2012.05.13 20:47

 ども、PROTOさん。

 こちらこそお世話になりました。ラーメンのイベントは長野市でも毎年やってるんでしたっけ? うまく都合がついたら、そっちにも行ってみたいと思っています。

投稿: BUSH | 2012.05.20 06:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/54700579

この記事へのトラックバック一覧です: 「信越麺戦記@松本」で吟屋 極味噌ほか:

« 「信越麺戦記@松本」で潤総本店 | トップページ | 南信州阿智村 花桃の里 »