« 「まんてん@神保町」でカツカレー大盛り | トップページ | 「がんこ総本家」つぶ貝と香油の塩ラーメン »

2012.04.20

初訪問「がんこ十八代目@難波千日前」

 プライベートというか私用で大阪である。トンボ帰りではあるけれど、ともかくも昼飯はここでと決めていた。最初に向かったのは、難波は千日前。

Ganko18_1 Ganko18_2

 大阪に土地勘のない私はスマホのナビを頼りに、まずはランドマークの「なんば花月」を目指すことにした。
 なんとかたどりついて「へぇ~、ここが有名な『なんば花月』かぁ」とか、目の前に『NMB48 Theater』なんてのを見つけたりして写真撮影。しっかりオノボリさん状態だ。

Ganko18_3

 「宗家一条流 がんこラーメン十八代目」。「なんば花月」の南側、通りを挟んだ向かい側にあった。
 たこ焼き屋さんの隣にあるこの店は、黒い背景に牛骨がぶら下がり、ここ大阪にあっても「がんこ」であることを主張している。嬉しいぢゃありませんか。

Ganko18_4 Ganko18_5

 わずか半間の間口から奥へと入ってみると、カウンターだけ8席の店内に先客は1人。残念ながらご主人はいなかったけど、非常に感じの良いスタッフのお兄さんがテキパキとラーメンを作ってくれた。

Ganko18_6

 「正油ラーメン(ねぎ油) 700円」
 券売機の前でちょっと迷って買ったのがこれ。入り口には塩ラーメンと書かれていたのだけど、最もがんこらしいラーメンをと思って正油にした。
 これが正解。がんこらしいショッパ旨さはもちろんのこと、東京の他の店で食べる「がんこの正油」より、更に醤油が立った素晴らしいスープだった。

Ganko18_7 Ganko18_8

 これに合わせる麺は、がんこ各店共通の極細やや縮れ麺。文句なしですなぁ。先輩から連絡が行っていたせいか、東京からと聞いたせいか、スタッフのお兄さんが気を利かせてくれて、味玉と「がんこ飯?」をサービスしてくれた。こちらも旨いウマイとありがたく頂いて、ご馳走様ぁ。

 我ながら、大阪に来てまで「がんこ」かよ、とは思うものの、いいのです。私の場合は「がんこ」なのです。
 どうしても一度は行ってみたかった千日前のがんこ。行って良かった、旨かった。

 この地域は観光名所ばかり。近場をグルリと歩いてみただけで、本来の用事を足しに梅田へと向かうのでした。もう少し時間があったらなぁ・・・18代目の悪魔も食べてみたかったのに(^o☆)\カシッ

◆宗家一条流 がんこラーメン十八代目
 大阪府大阪市中央区難波千日前10-13 最寄駅:難波
 11:30-16:00 17:00-20:30
 不定休だそう

|

« 「まんてん@神保町」でカツカレー大盛り | トップページ | 「がんこ総本家」つぶ貝と香油の塩ラーメン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/54523437

この記事へのトラックバック一覧です: 初訪問「がんこ十八代目@難波千日前」:

« 「まんてん@神保町」でカツカレー大盛り | トップページ | 「がんこ総本家」つぶ貝と香油の塩ラーメン »