« 2012哲学堂の梅2 | トップページ | 「長浜食堂@中野」で つけめん »

2012.02.27

「江戸甘(七彩)@東京ラーメンストリート」で東京味噌

 銀座で呑んだ帰り道。旨いラーメン屋に連れて行けと友人は言う。二人とも中央線の人だ。であればと少し歩いて東京駅へ。
 もちろん目指すは「東京ラーメンストリート」。友人は「六厘舎」を食べてみたいと言っていたのだけど、例によって大変な行列が出来ている。というわけで比較的行列の少なかった「TOKYO味噌らーめん 江戸甘」に並ぶことにした。ご存じ「麺や 七彩」の夜の部ブランドね。
 7人ほどの行列はさほど待つこともなく座ることが出来た。

Edoama_1

 「特製 TOKYO味噌らーめん 1,050円」
 多めのモヤシと大きくて厚いチャーシューが二枚。半熟玉子に左手に見えるのは粉チーズ。表面には薄く脂の膜が浮いている。

 スープを一口すすると、味噌らしくない甘さ旨さがジワリ。米麹を一般的な味噌の倍以上使い、塩分は逆に半分ほどしか使わないという東京の高級味噌ブランド「江戸甘」。その特徴を活かそうというスープなのだろう。ミソ味噌していないのが私的には何より嬉しい。

Edoama_2

 このラーメンの特徴はなんと言っても極太の平打ち麺。丁寧に手もみしてこその、この縮れ具合と食感なのだろう。ツルツルでモッチモチ。素晴らしい麺だ。そうしてこれほどの太麺なのに江戸甘なスープがまたよく絡む。

 この旨い麺で油そばをやったら、さぞや旨かろうな。そんな風に思いながら、完食。そうとう呑んだ後なので、全汁はしなかったものの、旨いラーメンだった。

 この店の行列が少ないのは、ひとえに知名度の低さに起因しているのだろう。本店が都立家政という東京の人でも知らない人が多そうな私鉄の駅にあって、鳴り物入りの他店に比べると地味さは否めない。
 でもそれだけに、さほど並ばずに食べられる幸せもある。

 他店の行列にビックリして退散しようという方、一度この「七彩」または「江戸甘」に寄ってみてはいかがでしょう。朝ラーもやってますよ。

◆麺や 七彩 東京駅
 東京ラーメンストリート 東京駅八重洲口 地下「1番街」
 朝ラー 7:30-10:00 (LO 9:45) 昼の部 11:00-17:00 (LO 16:30)
 夜の部は 江戸甘 17:00-22:30 (LO 22:00) 無休

|

« 2012哲学堂の梅2 | トップページ | 「長浜食堂@中野」で つけめん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「江戸甘(七彩)@東京ラーメンストリート」で東京味噌:

« 2012哲学堂の梅2 | トップページ | 「長浜食堂@中野」で つけめん »