« 「無鉄砲 中野店@沼袋」で ドロドロ豚骨 | トップページ | 2012哲学堂の梅2 »

2012.02.26

「がんこ総本家」牡蛎とホタテの塩ラーメン

 なんと4週間ぶりの「四谷一条流がんこラーメン総本家」である。日曜日であるからして、もちろんスペシャルなメニューが提供される。

120226gnk1

 先週のウミガメはかなりの行列が出来ていたそうだけど、今日14時過ぎという時間は先客3人ほど。カウンターに座ってしばらくのお待ち。

120226gnk2

 「牡蛎とホタテの塩ラーメン(食べラー載せ) 1,100円」
 がんこらしい清湯スープの塩。久しぶりだ。塩にも拘わらず、わずかに醤油色がかっている。トッピングは牡蛎と豚バラ肉の特製チャーシューのほか、メンマ、海苔。その海苔の上に載っているのが「家元特製食べるラー油 100円」だ。

 スープを一口すすると、素晴らしい貝柱の芳香が口の中を満たす。これもまた家元特製の貝柱油が、ダシの貝柱との相乗効果を生んでいるのだろう。わずかに遅れて牡蛎の風味がついてくる。いやぁ、このスープは素晴らしい。家元が作ったスープの中でもかなり上位に位置するのではなかろうか。

120226gnk3

 カタメに茹で上げられた麺はいつもの細ストレート麺。麺自体が旨いのはもちろん、この貝柱の風味豊かなスープをよく持ち上げてくれる。旨いなぁ、堪りません。

120226gnk4 120226gnk5

 左は「豚バラ肉の特製チャーシュー」。歯応えと豚肉の旨さ、脂身の旨さ、どれも文句なし。かつてのバラ肉ロールの大判チャーシューも捨てがたいけど、この特製チャーシューはまた格別だ。

 そうして、トッピングされた牡蛎(右)を頬張ると、しばらくの間、口の中がカキ、牡蛎、かき状態。

 文句なしに美味しい、かつ完成度の高いラーメンだった。唯一失敗したなと思ったのは、食べるラー油のトッピング。それ自体はとても旨いのだけど、この素晴らしいスープにとっては蛇足というより、不要の存在だったかなぁと。

 いずれにしても、旨いウマイ、これは堪らないと完食の全汁でご馳走様。無理してでも来て良かったぁ。そう思わせられる至極の一杯なのでした。

◆一条流がんこラーメン総本家
 公式ブログ http://ichijoganko.blog.fc2.com/
 新宿区舟町4-1 メゾンド四谷1F 最寄駅:四谷三丁目
 11:30-21:00 土日祝 12:00-17:00頃
 平日:がんこ最終うめぇラーメン
 土曜:3/9(土)より スペシャルメニュー(通常は悪魔)の日
 日曜:塩悪魔と塩ラーメン
 月曜:休(休祝日の場合は翌日休) 2011.4.23 オープン

|

« 「無鉄砲 中野店@沼袋」で ドロドロ豚骨 | トップページ | 2012哲学堂の梅2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「がんこ総本家」牡蛎とホタテの塩ラーメン:

« 「無鉄砲 中野店@沼袋」で ドロドロ豚骨 | トップページ | 2012哲学堂の梅2 »