« 「むろや@新宿御苑」の鶏白湯らーめん | トップページ | 記憶の彼方で「GOMA@沼袋」 »

2011.12.11

「がんこ総本家」タラコと真鯛のアラスープの悪魔

 外苑西通りから東通りへと移動。鶏白湯を食べたばかりだから、ちとツライかなと思いつつも、悪魔の誘惑・魅力には抗しえず、フラフラと杉大門通りの「一条流がんこラーメン総本家@四谷三丁目」へ。

111211gnk1

 家元のブログによると今日の悪魔は、タラコと真鯛のアラ入りスープにタラコの煮付けをトッピングしたものだという。毎度毎度面白い具材を思いつくものだ。

111211gnk2

 「タラコと真鯛のアラ入りスープの悪魔 (タラコの煮付け付) 1,000円」
 いかがでしょう、このルックス。悪魔らしく茶濁した濃い醤油色のスープの上に、悪魔肉チャーシューやメンマなどの具とともに大きなタラコの煮つけが載っている。旨そうではあるけれど、ちょっと違和感もある(^^;
 でも、このスープ旨いわぁ。悪魔らしい魚介に続いてタラコの風味がジワリと来る。ショッパイけど旨いのだ。

 トッピングはタラコや悪魔肉、メンマの他に、海苔とキザミねぎ。

111211gnk3

 醤油色に染まって上がってくるのは、いつもの細ストレート麺。味ももちろん、きっちりとショッパ旨く染まっているのだ。

111211gnk4 111211gnk5

 タラコの煮付けを一口かじってみると、やっぱり強めの味付けになっていて、「こ、これは絶対に酒の肴になる!」 このまま、ここで食べてしまうのはもったいないので、家元にお願いしてラップに巻いて持ち帰らせてもらうことにした。

 右は例によってキッチリとショッパく辛く煮込まれた悪魔肉。こいつもあくまでも悪魔らしい。

 家元が作るスペシャルは、たまーにハズレ(^^;もあるものの、いつもちょっとしたサプライズを提供してくれる。タラコもダシになるんだなぁ。そうして悪魔にならタラコをトッピングしても合うんだなぁと。
 ともあれ、今回も美味しい一杯なのでした。また来週を楽しみにしていよう。

◆一条流がんこラーメン総本家
 公式ブログ http://ichijoganko.blog.fc2.com/
 新宿区舟町4-1 メゾンド四谷1F 最寄駅:四谷三丁目
 11:30-21:00 土日祝 12:00-17:00
 平日:牛骨醤油ラーメンのコッテリとアッサリ
    新魔女ラーメン、ダシ系開花つけ麺
 土曜:焦がしネギラーメン(味噌と塩)
 日曜:スペシャルメニュー(通常は悪魔)の日
 月曜:休(休祝日の場合は翌日休) 2011.4.23 オープン

|

« 「むろや@新宿御苑」の鶏白湯らーめん | トップページ | 記憶の彼方で「GOMA@沼袋」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「がんこ総本家」タラコと真鯛のアラスープの悪魔:

« 「むろや@新宿御苑」の鶏白湯らーめん | トップページ | 記憶の彼方で「GOMA@沼袋」 »