« 「常陸太田秋祭り2011」屋台編 | トップページ | 「水道橋 麺通団」で肉うどん »

2011.11.20

「常陸太田秋祭り2011」本編・真南風エイサー編

 すいません、更新が滞ってましてm(__)m あれやこれや公私ともに忙しい状況が続いていて・・・相変わらず呑んではいますが。
 ようやく秋祭りの本編というか真南風(まはい)エイサー編をUPいたします。

 昼食時には本格的に降った雨も、真南風の演舞前にはやんでくれた。「真南風が踊ると晴れ上がる」 そんな不思議なことが当たり前のように起こるのが真南風エイサー。きっと日頃の行いが・・・?

111120ma01

 ともかくも、常陸太田市の中心街である鯨ケ丘商店街を「中野真南風エイサー」が「道じゅねー(練り歩き)」して行く。

111120ma02 111120ma03

 男たちの勇ましい掛け声とともに始まった演舞は、女手踊りが続いて沿道の観衆を魅了する。

111120ma04 111120ma05

 見る見るうちに増え始めた観衆の中を、道じゅねーする彼ら彼女たちの表情は今の空以上に晴れやかだ。

111120ma13 111120ma12

 地方(三線と唄い)も、沿道に見る人?がいるせいか、いつも以上に気合いが入っている。ような気がする。

111120ma06 111120ma07

 いつものように勇壮に可憐に、そして華やかに演舞してくれた。

111120ma21

 最後は毎年恒例、地元の少女たちとのコラボで「みなサンバ」。この曲はこの常陸太田オリジナルのものなのだそうだ。

111120ma32 111120ma33

 お馴染みの光景ではあるけれど、みんな楽しげだ。今年は往路のバスの中でビデオを見て特訓したせいか、真南風の皆もフリをしっかり覚えていて、地元の人たちに負けていない。

 全ての行事を終えて、帰路に着く頃にはもう暗くなり始めていた。バスの中から、もう一度皆さんに手を振ってさようなら。

 毎年、ここへ来るたびに思うこと。それは常陸太田の方々のお人柄。皆さんの笑顔や温かさに触れて、思わずホッコリしてしまう。ありがとうございます。

 そうして、市役所の関係者の皆さん。あなた方のホスピタリティー、心尽くしを決して忘れません。本当にありがとうございました。

 大地震や原発の風評被害。大変な一年だったけど、こんな手作りのお祭りが人々を笑顔にしてくれるのがいい。さらに「中野から元気と笑顔を」、そう思っていたのだけど、その両方に真心を足して貰ってきたのは我々の方でした。

 また来年、呼んで貰うことができますように。皆さんに感謝。

 ものすごく遅いUPというか時期を失してしまって申し訳ない。ここまでお付き合い頂いてありがとうございました。次の記事からはまた、いつものブログに戻ります。

◆常陸太田秋まつり2010 (常陸太田市HP)
 http://www.city.hitachiota.ibaraki.jp/index.php?code=368

|

« 「常陸太田秋祭り2011」屋台編 | トップページ | 「水道橋 麺通団」で肉うどん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/53392253

この記事へのトラックバック一覧です: 「常陸太田秋祭り2011」本編・真南風エイサー編:

« 「常陸太田秋祭り2011」屋台編 | トップページ | 「水道橋 麺通団」で肉うどん »