« 「むろや@新宿御苑」の冷やし茸そば | トップページ | おやつチキンラーメン »

2011.08.21

「がんこ総本家@四谷三丁目」で桃源郷悪魔

 朝からずっと雨。日曜日の「一条流がんこラーメン総本家」は悪魔の日だ。行列ができる開店時間を避けて行くことにした。

110821gnk1

 しとしとと降る雨の中、店のあるビルの前に着いてみると、行列が見えない。

110821gnk2 110821gnk3

 おっラッキーかなと?もう一歩進んでみると、やっぱり行列はない。雨のせいか、それとも今日のメニューが「桃」だからだろうか。
 店内に先客は3人だけ。すいている。家元がいつもの笑顔で「おお、来たな」と迎えてくれた。

110821gnk4 110821gnk5

 カウンター正面には桃が載っている。「どうやら桃は人気ないみたいだ」と家元。たしかにラーメンのスープで「桃」と聞くと旨そうな気がしないもの(^^; 右はこれが今日のスープ(ダシ)だと言って出してくれたものだ。ニオイを嗅ぐとフルーティーな伊勢海老スープと言った感じで、旨そうだ。

110821gnk6

 「桃と伊勢海老の悪魔ラーメン 1,000円」
 家元曰く「桃源郷悪魔」だそうだ。いかがでしょう、このルックス。悪魔らしく醤油色に茶濁したスープに赤ワイン煮の悪魔肉。左に二つ載っているのが桃だ。

 まずはスープを一すすり。さきほどニオイを嗅いで、ある程度予想していたとおりの味とでも言おうか。強い伊勢エビの風味に桃の風味のフルーティーさが加わっている。もちろん最初にドンと来るのは、悪魔らしいショッパ辛さだ。

 うん、なるほど家元が自慢するだけあって旨い。かつて「マンゴーの悪魔」というのを食べたことがあるけれど、それよりはずっとハッキリと桃の風味が出ているような気がする。

110821gnk7 110821gnk8

 麺はいつものサッポロめんフーズ製の細ストレート。このショッパ旨いスープをよく持ち上げる。悪魔肉もきっちりショッパくて、いかにも悪魔、というラーメンに仕上がっている。

 右は桃。悪魔の逃げ場のないショッパさ、辛さの中で、唯一の甘みを提供してくれる、ありがたい存在になっていた。

 悪魔だから残さなくては、と思っていたスープも結局全汁してしまった。さて来週は何だろう。「カメノテが入ったら、それで行く」そうだけど、果たして?

 なお家元のブログによると、今日のスープ(ダシ)が余ってしまったので、明日の月曜日、いつものラーメンにこのスープを使って緊急営業(12時~15時、30食限定)をする・・・みたいです。たぶん、そう言う意味だと思ふ。詳しくはその記事をご覧ください。

◆一条流がんこラーメン総本家
 公式ブログ http://ichijoganko.blog.fc2.com/
 新宿区舟町4-1 メゾンド四谷1F 最寄駅:四谷三丁目
 11:30-21:00 土日祝 12:00-17:00
 平日:牛骨醤油ラーメンのコッテリとアッサリ、 開花つけ麺
 土曜:焦がしネギの塩ラーメン (正油もあり)の日
 日曜:スペシャルメニュー(通常は悪魔)の日
 月曜:休(休祝日の場合は翌日) 2011.4.23 オープン

|

« 「むろや@新宿御苑」の冷やし茸そば | トップページ | おやつチキンラーメン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「がんこ総本家@四谷三丁目」で桃源郷悪魔:

« 「むろや@新宿御苑」の冷やし茸そば | トップページ | おやつチキンラーメン »