« 一条流がんこラーメン総本家@四谷三丁目 | トップページ | 新店「麺屋 青雲@中野」でラーメン »

2011.07.24

「がんこ池袋」伊勢海老と大仙鳥のホワイトラーメン

 第4日曜日。ということは「新一条流がんこ@池袋」のイベントデイだ。「がんこ総本家」に改称した四谷三丁目でも「赤貝の悪魔」を提供するはずだ。どちらにしようか迷って、池袋を選択した。

110724gki1 110724gki2

 その理由はコレ。今日の池袋は伊勢海老スープのホワイトラーメンなのだ。
 このメニューが供されるのは3月のスペシャル以来4ヶ月ぶり。あの時の旨さはまだ記憶に焼き付いている。定刻の12時に開店。店内に入ると海老の香りが充満している。

110724gki3

 「伊勢海老と大仙鳥のホワイトラーメン 1,000円」
 見てくださいな、この美しいルックス。大きな伊勢海老がゴージャスでしょう。ホワイトスープであることも手伝って伊勢海老の赤が映えるようだ。

 まずは、このスープを一口。おお、伊勢海老の濃厚な風味が口の中一杯に広がる。続いて伊勢海老に負けない濃さのホワイトスーブが来る。前回のものよりマッタリ感が強いのは大仙鳥のせいだろうか。このマッタリ感をシツコサに変えてしまわないのは、ブラックペッパーと、がんこ系らしいショッパめの味付けだろう。
 まあ、とにかくも凄く旨いスープだ。

110724gki4 110724gki5

 麺はいつもの断面が丸の中細ストレート麺。ツルツル感とコシのバランスが素晴らしい。海老の方はあくまでもダシであるので、食べられる処は殆どなかった。それでも、わずかばかりの身をほじって食べると、口の中には更に強い伊勢海老の芳香が充満する。いやあ旨いねえ。

 他のトッピングは、もうチョット煮足りなければ温泉玉子かというほどトロトロの味玉に、メンマ、キザミねぎ、海苔。

 ご主人ルイスさんが作る久しぶりの「伊勢海老ホワイト」。今回のも、本当に旨いラーメンだった。今度はいつやってくれるだろう。

 家元の赤貝悪魔も捨てがたかったけど、今日は池袋で正解。例によって完食の全汁で、ご馳走様でした。

◆元祖一条流がんこ 池袋店 (新一条流がんこ)
 豊島区東池袋1-13-12 最寄駅:池袋
 11:30-15:00 18:00-22:00(中休みはナシかも)
 売切終了 不定休(ほぼ無休)

|

« 一条流がんこラーメン総本家@四谷三丁目 | トップページ | 新店「麺屋 青雲@中野」でラーメン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/52296463

この記事へのトラックバック一覧です: 「がんこ池袋」伊勢海老と大仙鳥のホワイトラーメン:

« 一条流がんこラーメン総本家@四谷三丁目 | トップページ | 新店「麺屋 青雲@中野」でラーメン »