« 「覆麺 智@神保町」火曜日は塩の日 | トップページ | 「麺彩房@中野」で つけ麺 »

2011.04.05

初訪問「肉そば総本山 けいすけ@神保町」

 「覆麺 智」を後にして、向かったのは、今年2/17にオープンした「肉そば 総本山 神保町 けいすけ」。他にも最近神保町に出来た店として「美空」や直近では「澤」という選択肢もあったのだけど、取り敢えず名前の大きなこちらへ。

110405ksk1

 13時過ぎという時間で、外に8人の行列。さすがビッグネームといったところだろうか。一瞬迷いつつも、並ぶことにした。
 比較的回転も早いみたいで、ほどなく店内へ。でもここからの方が長かったか。中にも5人ほどが座れるお待ちスペースがあって、食券を買った後ここでお待ち。コの字型カウンターのみの店内には20席ほどのイス。しばらくしてカウンターに着席。食べている人より待っている人の方が多いや。スタッフはイキのいい男ばかり6人。

110405ksk2

 「肉そば(醤油) 680円」
 肉そばには醤油・味噌・塩の三種類があって、メニューの左上筆頭を選択。出てきたのがこれだ。

 いかにも醤油という黒いスープにおろし生姜が印象的だ。肉はこれチャーシュー?、それとも豚肉のスライスを炒めたもの?が10枚ほども載っていて、なるほど「肉そば」だよね。

 この醤油スープはなかなか旨い。肉の旨味や香味油が溶け込んでいるのか、見た目と違って甘みを感じさせるスープだった。

110405ksk3

 麺はカネジン食品製の太やや縮れ麺。ご覧のとおりスープの持ち上げもよくて、黒く染まって上がってくる。

 おろし生姜を溶かしてみると・・・これは私的にはなくてもいいかな。さらにテーブル上にあったキザミ玉ねぎを多めに入れてやると、甘みが加わって、うんコッチの方がいい。おろし生姜はキザミ玉ねぎと同じようにオプションにした方が良くはないかと・・・私的感想ですが。

 ともあれ、さすが「けいすけ」だよねと思わせられる美味しいラーメンだった。

 どこの「けいすけ」へ行ってもこの「美味しいラーメンだった」という思いは同じなのだけど、不思議とリピートしたことがない。この店には果たして・・・神保町は今や激戦区だ。

◆肉そば 総本山 神保町 けいすけ
 千代田区神田神保町1-54 最寄駅:神保町・水道橋
 11:00-23:00 無休

|

« 「覆麺 智@神保町」火曜日は塩の日 | トップページ | 「麺彩房@中野」で つけ麺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初訪問「肉そば総本山 けいすけ@神保町」:

« 「覆麺 智@神保町」火曜日は塩の日 | トップページ | 「麺彩房@中野」で つけ麺 »